« 2013年全北海道コンテストの賞状到着 | トップページ | 平成26年オール兵庫コンテストの賞状到着 »

2014年2月27日 (木)

リグコントロールとディジタルモードを楽しむ接続

    リグコントロールとディジタルモードを楽しむための接続を忘備録を兼ねて
    紹介します。

全体の接続図は下記。

Photo_2
接続の説明
① 市販USB TO SERIAL変換ケ-ブル 
               PCのUSB端子と無線機のRS232C端子を接続

② 自作オーディオケーブル  無線機よりの音声を  PCのMIC又はLINEINへ
③ 自作オーディオケーブル  PCのオーディオ出力を 無線機のオーディオINへ
                        (SP OUT)
④ 市販USB TO SERIAL変換ケーブル
                                 PC USB端子と RS232C切替機 を接続

⑤、⑥ 自作、RS232C DSUB24ピンコネクターの中に下記の 
            簡単なスイッチング回路を組み込んだケーブル

     ⑤は  PCによるCWキーイング用   無線機のCW KEYジャックへ
          ⑥は    PCによるPTT制御用      無線機のACC PTT端子へ
-----------------------------------------------------

    スイッチング回路(MMTTYのHELPファイルより転載)
PTT制御回路は例えば一つのトランジスタを使った次のような回路で
構成できます。


                                              (C)---+---- Rig PTT
        Com-RTS  -- R1-+---+-(B)<         |
                (DTR)        |      |        (E)   |
                              D     R2       |      D
                               |      |         |      |
      Com-GND   ------+---+-----+----+---- Rig GND


          R1=4.7K, R2=47K, D=1S1588, Tr=2SC1815

Dsub(9pin) RTS(7), DTR(4), GND(5), TXD(3)
Dsub(25pin) RTS(4), DTR(20), GND(7), TXD(2)

*上記の回路図には記載していませんが、回り込み防止のために
適当なパスコンやフェライトビーズで処理する事をお勧めします。
------------------------------------------------------

リグコントロール と デジタルモード対応例

導入ソフト         こんなことができますよ。
------------------------------------------------------
ターボハムログ  おなじみのLOG管理ソフト
          交信データ入力画面で、周波数、モードが自動で
          取り込まれる。
          Jクラスター専用のブラウザー "JCV"と併用すれば
                     クラスター上の該当局をクリックすると、ハムログの入
                     力画面が開き CALLサイン、周波数、等が入力済み
                     の状態でかつ設定したキーを押すだけで、無線機の
                      周波数がその周波数に設定される。
                               これ 便利です!!
          
          * JCV クラスタ
           J-クラスター専用のブラウザーで、クラスター情報を
           HAMLOGとの間でやりとりする。

CTESTWIN      コンテスト用LOGGER  
         ターボハムログと同様に、周波数、モードが自動で取り込まれる。
         PCによるCW kEYINGができる。 
         CQは勿論、相手局をCALLしたりコンテストナンバーの
         送信が電鍵やPADに触れることなくPF キーをおす
         だけでできる) 疲れません!!

ARHP-590(HOST用)      リグコントロールソフト(KENWOOD TS590 専用)
ARCP-590(クライアント用)            
                        無線機と直接接続されているPCをLAN接続を介して
            他のPCから制御し、例えば居間にあるPCにヘッドセ
                         ットの組み合わせで 離れたシャック内の無線機を操作
                         して交信できる。
           (シャックが暑い時、寒い時便利です)

CQMC(フリーソフト)    CQ マシーン 
            PCと連動するPTTを利用して
            PCでCQの音声を再生すると送信状態になり,終わると
            スタンバイにもどる 当局SSBでのCQはほとんどこれです。

デジタルモード対応
                     この接続で 以下のデジタルモードが楽しめます。
           ( 私はSSTV,デジタルSSTVは 見るだけです(交信はなし)

ソフトウエアー    デジタルモード
---------------------------------------      
MMSSTV     SSTVに対応    (アナログ) 
MMTTY       RTTYに対応
MMVARI       PSK31、PSK63、RTTYに対応
EASYPAL      デジタルSSTV
JT65-HF     JT65モード
---------------------------------------
 
その他
VSPE 仮想COMPORTエミュレーターフト
     (VERTIAL SERIAL PORT EMULATOR)
           上記のソフトを1台のPC上で同時に稼動した時、COMポート
           が競合して、同時に稼動できません。
           このソフトを使用して 仮想のCOMPORTを設定して
                        そのポートで接続することで、このCOMPORTの競合を
                        解決することができます。

           ターボハムログと CTESTWINの同時稼動や
           HOST側でARCP-590による画面制御での運用中に
                        ターボハムログ の使用ができるようになります。       

各デジタルモードの紹介はまた別の機会に....

|

« 2013年全北海道コンテストの賞状到着 | トップページ | 平成26年オール兵庫コンテストの賞状到着 »

無線一般」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。(=゜ω゜)ノぃょぅ
かなり駆使してマメですね!完璧主義なのでしょうか?
しかし、大変わかりやすくよく出来ていると思います。参考になりますね。

なんか、以前と比べて圧迫感が出た感じのデザインになりましたね。前の方が広くて見やすかったのでは?(^-^;

投稿: DKA | 2014年3月 1日 (土) 10時16分

>DKAさん
完璧主義なんてことは全然ありません。
暇にまかせて やっているだけです(笑)
テンプレート 試行錯誤しています とりあえず元にもどしました。

投稿: cbu | 2014年3月 1日 (土) 17時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597275/59209227

この記事へのトラックバック一覧です: リグコントロールとディジタルモードを楽しむ接続:

« 2013年全北海道コンテストの賞状到着 | トップページ | 平成26年オール兵庫コンテストの賞状到着 »