« 久しぶりに 10W DX | トップページ | 2014 オールJA1コンテスト&A1クラブコンテスト »

2014年5月31日 (土)

PC でCW あり?

PCでCWのデコードと 送信を試してみた。
CWの解読(デコード)ソフトとしてはUA9OV作のCWGETというのが
かなり昔からある。(SHARE WAREだったような 受信専用)

最近の日本製ソフトではDigitalSoundCW が知られている。
こちらは送信もサポートしている。

受信は、トランシーバーからのCW信号音を、コンピュータの
オーディオライン入力/マイク入力に直接入れて、ソフト的に
CWを解読する。

送信は、コンピュータのキーボードを叩けば、CW符号が発信される。
コンピュータのRS232CのCOMポートを制御して、インターフェースを
介してトランシーバーのKEY端子をON/OFFすることでCW符号を送信する。

受信に関しては、スピードへの追従、文字間、単語間の間合い、崩れた
符合への対応などが求められる性能になるのだろうが、試してみた感じ
では スピードに順応するまでかなり時間がかかり、その間は誤字だらけ
になる。 時々判読できない文字が出現する。
上手な(正確な)モールスコードにはそれなりに判読できるようだ。

私の苦手な 和文ベテランOMの芸術的特徴あるCWは、やはりというか
当然というか 判読できないようだ。私もこれには閉口している。
(あの 長点が極端に長い、おどるようなリズムのCODEは欧文でも
とれません 同じ局に呼ばれる度にミスコールしてしまう)

これで実際のCW交信をしている人がいるのかも知れないが、実戦よりは
むしろ、「おお ここはまちがえたなー」 「これは判読できんのやー」
と 思いながら 上から目線で見守ってやるのが良い。

これで OMさんたちの和文ラグチューをモニターしていると、受信練習
にもなり、デコードソフトより 自分の方が上手いと思えることも多い。
これが 本来の使い方じゃないかしらん。

送信に関しては ハッキリいって不要。
キーボード叩くより パドル操作したほうがはるかに楽だと思う。

1局だけ 送信の実験で交信して頂いたOMさん すみませんでした。
キーボードを叩くと サイドトーンが鳴り、耳がそちらに気をとられると
タイピングがあやしくなり ぼろぼろ状態でした)
 
県内のローカルコンテストの時、普段は全然CWをやらないOMさんに
PCでのキーイングで CWの交信をサービスしてもらったことがある。
こんな用途には 使えるかも知れません。

巷の話
最近のアワードサービス加熱の折
   DE 自分のコールサイン
   UR 599 TU
の2つをマクロに登録しておけば ファンクションキー2回押せば CWわかっても
わからなくても 599 BKのCWの交信ができる というのをどこかでみました。
これは  また 別の問題ですよね!!

|

« 久しぶりに 10W DX | トップページ | 2014 オールJA1コンテスト&A1クラブコンテスト »

無線一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597275/59736947

この記事へのトラックバック一覧です: PC でCW あり?:

« 久しぶりに 10W DX | トップページ | 2014 オールJA1コンテスト&A1クラブコンテスト »