« HAMLOG BBS へ 要望投稿 | トップページ | きゅうり 初収穫 »

2014年6月13日 (金)

居眠りしながら JT65

7MHZの国内CNDXが悪くなにも聞こえない。
ハイバンドを聞いても同じ状況。

こういう時はゆっくり時を過ごすつもりで、久しぶりに
JT65モードを運用した。
21MHZでは多くの局が見えていたが、ほとんどがJA局の
CQだったので 14MHZにQSY.

LU8EX の信号が見えるのでCALLすると応答があり、久しぶり
のJT65によるQSOとなった。

その後しばらくCQを出すも、応答がなく、だんだん眠くなってきた。
居眠り運転するわけにもいかず、とりあえず送信を切った状態で画面を
みていたのだが、いつの間にかうたた寝してしまった。
声を出すわけでもなく,KEYを叩くでもないのでワッチしている時は
よくこんなゆるゆるの状態になってしまう。

このJT65モード最大の特徴はもともと小さな設備でEME(月面反射) 通信
を行うために開発されたモードで、耳には全く聞こえないレベルの微弱信号
までデコードでき、QSOすることができる といわれている。
私の場合 14MHZは 出力25W ダイポールで運用している。
確かにこれでDXを楽しむことができる。

うたた寝から目覚め、気を取り直してCQを出してみた。
このモードは1分間づつ送信と受信を交互に繰り返す。 
RTTYやSSTVでは、受信と同時にデコードされるが、このJT65は
信号受信とデコードを同時に行わないしくみになっており
受信完了後にデコードされる。

1分間の送信の後、受信に戻った時、かすかに呼んでくれる局の信号が
見えるのも楽しみだ。誰かが呼んでくれている、1分間受信した後
デコードされて画面に相手のコールが現れるまでだれが呼んでくれている
のか分からないので、この1分間がとても楽しみです。

本日2局目 N7EF   が呼んでくれました。
もちろん こちらからの 相手へのレポートも1分かけて相手へ届きます。
”73” も 1分かけて こちらに届くんです。

|

« HAMLOG BBS へ 要望投稿 | トップページ | きゅうり 初収穫 »

無線一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597275/59810018

この記事へのトラックバック一覧です: 居眠りしながら JT65:

« HAMLOG BBS へ 要望投稿 | トップページ | きゅうり 初収穫 »