« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月30日 (水)

やっとあのコンテストの結果発表される。

オール鳥取コンテスト結果 (2013年10月14日実施)

やっと2013年オール鳥取コンテストの結果がJARL鳥取支部の
ホームページで発表された。
なんと! 2013年10月に行われたコンテストだ。

このコンテストの件は

関連記事 あのコンテストの結果発表は? 

でとりあげさせて頂き沢山の情報をコメントしていただきました。
特に支部長に直接問い合わせまでして下さったOM,情報を頂いた
皆様ありがとうございました。
発表の遅れた原因等は 関連記事のコメントをごらん下さい。
本文より 面白いかも?

さて結果です。

電信マルチバンド で 9位
順位欄に * がついています。
コンテストルールを確認してみると

個人局電信電話マルチ,個人局電信マルチ,以上総合1~3位
総合入賞局のエリアを除く エリア別個人局・1位

とあり エリア入賞があるようです。知らなかったなー
なんだか得した気分です。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月28日 (月)

2014 福岡コンテスト 鹿児島コンテスト 参加

第8回 福岡コンテスト
日時
2014年7月26日(土)21:00~7月27日(日)20:59(JST)

福岡コンテストに参加しました。
17:00~20:00 の電通大コンテストにつづき21:00からこのコンテスト。
毎年参加局の少ない寂しいコンテストです。
忍耐力勝負ですが暑さのため集中する気力がありませんでした。

4 電信電話マルチバンド

  Freq.  Point Multi QSO
3.5MHz      4    2    4
7MHz       13    6   13
17x8=136点








鹿児島コンテストに参加しました。

   第24回鹿児島コンテスト
日時 平成26年7月27日(日) 09:00~:00~21:00:

マルチバンド電信での参加でしたが、やはりハイバンドが出来ず
スコアはのびませんでした。
このコンテスト、シングルバンドは電信がないんですね。
どうも作戦失敗でした。
最初から7MHZシングルバンドでSSBも運用すれば良かった
と少し後悔、2~3局 SSB聞いたのに...

Photo電信(電話1局ふくむ)

  Freq.  Point Multi QSO
3.5MHz      6    5    6
7MHz        8    7    8
14MHz       2    2    2
21MHz       3    2    3
19x16=304点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月27日 (日)

2014 電通大コンテスト 参加

第32回電通大コンテスト
開催日時  平成25年7月27日17:00 から 20:00(JST) まで

電通大コンテストに参加しました。
3時間のスプリントコンテストですが、17:00開始ということで
フル参戦できそうもなかったので、最後の1時間が勝負とにらんで
3.5MHZ部門に参加。

以外に聞こえる局が少なく、中途半端なスコアに終わってしまいました。
17時の時間帯はまだ聞こえる局が少なく 18時代は夕食等で15分
間の運用に終わり 最後の1時間も思ったほど局数のびませんでした。
交信いただいた42局中 34局 がH(一アマ)でした。
筋金入りのkey メンばかりですね!

Photo
cw
  Freq.  Point Multi QSO
3.5MHz    104   23   42
104x23=2,392点









今年5月17に行われたオール群馬コンテストの賞状が
送られてきました。

Jpg
県外マルチバンド HF CW

1位 頂きました。 

うれしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月26日 (土)

久しぶり 14MHZ DX

昨日7月25日、22時半ごろより久しぶりに14MHZをワッチすると
バンドが、結構にぎあっている。
3B8CF のCQ を聞き 呼ぶとすぐに応答があった。
続けてW1AW/9 ,今年4月2日 W1AW/7 以来の交信でした。
すぐ近く周波数で W1AW/1 を発見、これも1 khz UPで何度か呼び
応答を得た。  すべてCW 中身の濃い15分間でした。
この間、ZS6DX のCQを聞いたのですが、QSOに至らず 残念。
14MHZ CW は 本当に久しぶりでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月23日 (水)

2014 オール山口コンテスト結果

第13回オール山口コンテスト(2014年5月開催)の結果が
JARL山口県支部のホームページで発表されています。

参加した HF電信部門で 15位/92  惨敗

       HF電話部門で  3位48  入賞 でした。

このコンテスト、部門はHF電信とHF電話の 2部門のみ。
HFというくくりは、ハイバンドがネックになっていつも苦戦します。
ハイバンドでの交信は 電信が 4局のみ、電話は 0 でした。

電話は あと 2 POINTで 1位タイ 善戦でした。
  (32 QSO  46 X 24  1104) 

全結果 ここから

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月22日 (火)

ALL 滋賀コンテストに参加

          2014年 第18回ALL滋賀コンテスト
日  時 7月21日(月・祝)10:00~12:00、13:00~15:00

ALL 滋賀コンテストに参加しました。
10:00AM 開始後15分でXYLに連れられ買い物。
一番の稼ぎ時の1時間ロス 痛いです。

午後はそれなりに頑張ったのですが後の お祭り。
イマイチのスコアで終わってしまいました。

どうもこのコンテストは 相性が悪いです。

Photo 電信

  Freq.  Point Multi QSO
7MHz      113   31   69
113x31=3,503点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月21日 (月)

2014 オールJA5コンテスト

2014 オールJA5コンテスト
日  時
7月19日(土)21:00~20日(日)21:00JST

オールJA5コンテストに参加しました。
昨年は、電信電話マルチバンド部門の参加でしたが
今回はphoneにでる気力が整わず、電信マルチバンドでの
参加となりました。

年一回の呼ばれる側のコンテスト、コンテストの面白さ
満喫です。

一日中 CWを聞いてるとこれはこれで疲れてしまい
後半集中力がなくなってしまいました。
2日目、早朝寝過ごして運用できなかったのが悔やまれます。

お呼びいただいた各局ありがとうございました。

Ja5contest cw

  Freq.  Point Multi QSO
1.9MHz     12    7   12
3.5MHz     80   32   80
7MHz      158   42  158
14MHz      77   30   77
21MHz      38   23   38
28MHz       1    1    1
50MHz       2    2    2
368x137=50,416点



第38回オホーツクコンテスト
日時 7月19日(土)18:00~20日(日)21:00

はじめてオホーツクコンテストに参加しました。
抽選でオホーツク名産品が当たる とか 楽しみです。

オホーツクコンテスト
電信電話

  Freq.  Point Multi QSO
3.5MHz      2    2    2
7MHz        1    1    1
14MHz       1    1    1
21MHz       3    3    3
50MHz       1    1    1
8x8=64点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月16日 (水)

本日太陽黒点数 25 !!

Photo

米国NOAA/SWPCのデータによるとなんと 本日の
黒点数は 25。
7月になって、またピークが盛り返してきたような
状態で、一週間前 200近くあったものがこの急落ぶり。

最近では、2014年6月13日から急激に黒点数が増加し
前日の196から一気に276に急上昇したりと、このサイクル
24はどうも一筋縄ではいかないようだ。
まさか このまま終わることはないだろうが、わが零細無線局は
お天道様次第。願わくばもう少しの間、ハイバンド開けて欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月15日 (火)

2014 東海QSOコンテスト結果

第54回東海QSOコンテスト(2014年3月21日実施)

東海QSOコンテストの結果が主催者のサイトで発表された。

参加した 管外 X-S7 シングルオペ電信電話7MHZバンド で

         3位/44   入賞

比較的相性の良いコンテストです。
昨年より順位を一つ上げて なんとか 3位 入賞です。

この部門以外では入賞できそうもなく、毎年この部門で参加です。

全結果 ここ(pdf)

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月14日 (月)

GPアンテナ 修理・復活

先日、台風8号に備えるため降ろした144/433 GPが144MHZ帯に
同調していないことに気づき、修理を試みた。

三段の継ぎ目をバラして確認すると、最下段のラジアル部分の少し上辺りで
エレメントの継ぎ目が錆びて断線していた。予想通りである。

もう一つ、前回修理した部分の グラスファイバーのカバー部分が断裂している。

(1) 最下段のグラスファイバーのカバーが外れないので、しかたなく 
    断線部分のカバーに穴を開ける。

(2) この穴部分から エレメントをアルミ管のジョイントで圧着し、念のため
  半田付けでしっかり接合

(3) カバー断裂部分は 内径にピッタリのパイプJOINTをホームセンター
  でみつけたのでこれを使ってジョイント。

(4)修理のためにあけた穴と ジョイント部のカバーのため、最下段のグラスファイバー
  カバーの外側にエスロンパイプ 35をかぶせた。

これで一応、SWRもOKなので しばらく様子をみることにする。

Photo_2 
断線部分に穴を開ける












Gp002
断線部分接合

  ハンダ付け











Photo_3

外側の被せたエスロンパイプ

部分 アップ





















Photo_4
再建後 全景









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月13日 (日)

2014オール青森コンテスト/A1クラブコンテスト結果

第8回オール青森コンテスト
開催日時:平成26年 7月12日(土)15:00 ~13日(日)15:00

オール青森コンテストに参加した。
毎年、参加局が少なく、7MHZをワッチしても県内局が一向に聞こえない。
どこでやっているのかわからないコンテストの一つです。

今年は例年になく出足好調で 開始2時間で 9局交信した。

21時より IARU HF World Championship コンテストが始まってからは
これに飲み込まれたのか CQ AM はほとんど聞こえませんでした。

県内局が聞こえなくてもワッチしないわけにもいかず、ストレスのたまる
コンテストです。ずっと詰めても居れないので、たまに短時間ワッチ
2日目はほとんど何もせず状態でした。
Photo

電信
  Freq.  Point Multi QSO
7MHz        4    4    4
14MHz       4    3    4
21MHz       4    4    4
12x11=132点







第14回A1クラブ コンテスト

第14回A1クラブ コンテストの結果が発表されていた。

参加した 7MHZ シングルバンド部門

    6位/52   私的には大健闘?

受信照合率が なかなか100%とはなりません。
精進しなければ!。

全結果 ここ
A1club

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月12日 (土)

アンテナ復活 あれれっ

台風対策で降ろしていたアンテナをやっと揚げ終えた。
この機会に、古いマスト代わりの竹竿を新しくしたり
場所も、もとの位置ではなく、最適化を行った(つもり)。
ベランダにあげた ワイヤーデルタループにステーのロープを
はった。(以前より少しましになったか?)

この作業中衝撃の事実が発覚。
なんと 144/433のGPが全く144Mhz帯に共振していない。
アナライザーで測定すると149MHZあたりになっている。
SWRメーターが壊れて以来、SWRを監視せずローカルラグチュー用に
使用していたのだが、そうとう長い間この状態だったように思われる。
ローカルのOMから頂いてきた時点で、内部で断線しており、それを
開腹手術で半田づけして、使っていたのだが、とうとう寿命か?

とりあえず降ろして、開腹してみよう。

Photo わが家の貧乏ループアンテナ群

左から
21/28 ワイヤーデルタループ

50mhz用ひし形ループ

24/50 ワイヤーデルタループ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月11日 (金)

台風通過もアンテナあがらず

台風8号が通過

バンド内をあちこちワッチしていると、「台風に備えて降ろしていた
アンテナを 揚げなおして、これが第一声です」というような声を
2~3聞いた。幸い、被害を受けたという声はありませんでした。

我が家では、どういうわけか 本日のほうが風も強く、めんどくさい
こともあり、アンテナは未だ地上に転がっている。

アンテナ再立ち上げの前作業として、14,21,28MHZ 3バンド
ワイヤーダイポール の片側を留めているパイプを工事用足場鋼管(4m)
に取替え、ベランダからつきだした。
とりあえず この横に明日V/UのGPを立てなおすつもり。

HFは 7月19日のオールJA5コンテストまでに、間に合えばよい
ので、ゆっくりやればいいのだが、地上が、降ろしたアンテナで込み入って
いて危ないので、家人からクレームがあがっている。
早急に、地上をクリヤーにするよう迫られている。
(家人としては、地上にも上空にもアンテナないのが一番らしいが...)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月10日 (木)

台風通過 18MHZ ONE DAY AJD

幸い、被害なく台風8号が通過した。
前々日より念のため、アンテナを降ろして備えていたのだが
雨、風ともになんともなく、本日昼ごろには青空も見えるほど。
夕方にはいつも通り、菜園の水遣りをした。(雨がなかったため)

高知あたりでは結構雨が降り、四国の水がめ早明浦ダムの貯水率が回復し
取水制限が中止になるなど 水無しわが県にとては FBな結果でした。

蒸し暑い中、15:30ごろより18MHZをワッチすると意外に
近場が良く聞こえる。
JR6,JA1,JA0、JH4 と交信して うまくいけばONE
DAY AJD ができるかもしれないと意識した。
すぐに JG2、JH7、JE9と交信でき 17:00で残り
JA3,JA5、JA8 エリアの3つとなる。
17:30にJA5、18時にJA3と 交信。

ところが JA8がみつからない。
いつもなら なんでもなくできるJA8エリアですが 今日は運なく
見つからず。根気も続かずこれであきらめました。全てSSBでした。

またチャンスがあればTRYしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 9日 (水)

台風に備えてアンテナを

台風8号が接近中。
大型台風らしいのでビビって、ヤバそうなアンテナを降ろした。
ステーもなく、竹ざおで持ち上げているだけの簡単なアンテナ達は
相当ヤバそうなので、安心のため早々に降ろすこととした。

降ろしたアンテナは

50MHZ 1 EL LOOP
144MHZ 6エレ YAGI
430MHZ 10エレ YAGI

21・28MHZ ワイヤーデルタループ
24・50MHZ ワイヤーデルタループ
1.9mhz LW 用支柱

つでに 144/433 GP

このうち、144、430MHZ用YAGIはそのまま倉庫に保管し
上げる予定なし。 
HFのワイヤーデルタループ 2つを地上に転がしてみると意外に
大きく、置き場所を確保するのに困るほどでした。

昨日 これらを降ろした後、皮肉にも 21MHZ CWで ZS2I
南アフリカ とQSOできた。ダイポールでの交信でした。
アフリカとは ずいぶん久しぶりのQSOでした。

このデルタループがなくとも、別に不自由を感じないということは
普段 あまり 使っていないということですね。

アンテナ以外にも、実を付けているトマトの支柱、きゅうりのネット
グリーンカーテン用のゴーヤのネットが 大丈夫か心配です。

Dsc00079 Dsc00080 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 8日 (火)

コンテストルール

ある近県のローカルコンテストについてログ提出時に
コンテストルールについて質問をしたのですが、コンテスト委員
より意外と思える回答を頂いたので 紹介します。

質問 回答 原文のまま

質問
待機局のMC(マイクコントロール)的運用について

昨年の     アンケートでも指摘があったと思いますが
運用中の県内局に別の県内局が声をかけ、交信後その周波数に待機し、これが繰り返され
多いときは5~6の県内局が同一の周波数に待機し、県外局のコールに応じて
最初の運用局がコントロールして次々と待機局と交信をうながすというやり方が目につき
ます(特に3.5MHZで)。
”お・も・て・な・し”のつもりで、県外局へサービスされているつもりでしょうが
コンテストとしては 違和感があります。
”シングルオペレーターは全ての運用を一人でする”ものと理解しています。
事務局の見解をお聞きします。

回答
「アマチュア無線交信は、一人(1対1)でするとは書かれていないと思います。
交信者は、自分の証明(コールサイン)ができれば1対2、1対3,1対5でも
かまわないと思います。コンテストは1対1という考えがおかしいのではないかと
思います。待機局がなければある程度時間は制約されますが、数局でロールコール
をやっていると思います。事務局としては全く問題ないと思います。」

なるほど コンテストは1対1という考え方がおかしいんですね。
このコンテストは マイクコントロールであれ、ロールコール中の交信であれ
全て問題なく、得点となるようです。
こんなコンテストも あるんですね!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 7日 (月)

2014 徳島マラソンコンテストAWA3結果/KANHAM 結果

2014 徳島マラソンコンテスト AWA3
開催 開催(平成26年3月1日~平成26年3月10日)

徳島マラソンコンテスト AWA3 の結果が発表されている。

参加した 県外 7MHZ シングルオペ 部門で

     2位/27  入賞でした

毎年マルチバンド部門に参加しておりましたが、考えるところがあり
今回 初めて 7MHZ 部門に参加しました。
局数、マルチとも1位局に差をつけられました。
次の 9月 AWA9でリベンジをはかりたいと思います。

Photo

全結果 ここ

第4回関ハムコンテスト結果
はやくも KANHAM コンテストの結果が発表されています。

第4 回(2014 年)KANHAM コンテスト
開催日時
2014 年6 月8 日(日) 06:00 ~ 18:00 (JST))

ブロ友さんのページで知りました。
すばやい対応、コンテスト委員会様 good job です

参加した S-CW-3.5 シングルオペレータ 電信 3.5MHZ で

   2位 /9  でした。

第1 位の局に,賞状と副賞が贈られるようです。

他のコンテストと重なった日程だったため、昼間ゆっくり休むため
3.5MHZのエントリーとしたのですが、やはり楽して 賞状や
副賞はいただけませんね。

Ws000003_3    

全結果 ここ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 6日 (日)

6m AND DOWN コンテストに参加

第44回6m AND DOWN コンテスト
開催日時  2014年7月5日(土)21:00~6日(日)15:00(JST)

6m AND DOWN コンテストに参加しました。
50MHz 1エレLOOP
144MHZ 自作6エレ YAGI
430MHZ 自作10エレ YAGI

特にこのコンテスト用に430MHz用YAGI を仮設して
臨んだのですが、力はあまり入らず。
2日目の午前中も、外出の用事があったりで、なんとなく参加
しただけに終わってしまいました。

50MhzのEスポは北海道の局しか聞こえませんでした。
いつもこのコンテストでお世話になる近県各局にご挨拶できただけ
で良しとします。

6mdown オールバンド 電話

  Freq.  Point Multi QSO
50MHz      29   17   29
144MHz      8    5    8
430MHz      9    4    9
46x26=1,196点



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月 5日 (土)

24/50MHZ 2 BAND ワイヤー デルタループ 試し打ち

関連記事 (2014/07/04)  24MHZ,50MHZ 2BANND ワイヤー デルタループ ANT  
 

昨日建てた 24MHZ/50MHZ ワイヤー デルタループの
試し打ちの予定だったのだが、24MHZでDX局1局を含む3局だけ
の交信、モノバンドの時と差はなにも感じられなかったのでOK。

50MHは受信のみだったのだが、別のひし形のループアンテナに比べて
Sが1つくらい 少ない。サブとして使うぶんにはいけそうだ。

もっとテストしてみたかったのだが、本日は6m&ダウンコンテスト。
ささやかな準備として、倉庫にしまってあった 自作433MHZ 10エレ
八木をコンテスト期間中のみ 仮設することにした。
同軸ケーブルが足りず、とりあえず 昨日のデルタループの同軸を拝借したため
本日は試し打ち中止とあいなった。 まー いいか!

Photo_2

自作 433MHZ 10エレ 八木

       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 4日 (金)

24MHZ,50MHZ 2BANND ワイヤー デルタループ ANT

50MHZのアンテナがサブのリグに繋がっていることが多く
メイン機で50MHZにQRVする時、アンテナを付け替えるのが
面倒なので 既存の24MHZ用デルタループの内側に50MH用の
エレメントを巻き、 2バンド用としてみた。

元の24MHZ ワイヤー デルタループの記事は ここ 

これに 底辺 1/5波長 1m20 とし全体で1波長の50MHZ
エレメントを 内側に固定。
給電部分は 24MHZのエレメントと 並列に給電。
幸い、24MHZに影響を与えることなく、2バンド用に変身しました。
エレメント長は1波長より若干長くなりました。

調整時、地面から直接建てて調整したのですが、ベランダに上げると
少し上の周波数へ共振するようでエレメントを少し継ぎ足しました。

これで 全く同じタイプの 21,28MHZと 24,50MHZ用の
2本のデルタループが完成。
この土・日 試してみたいと思います。

Deltaloop624
24meter2 6meter

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 3日 (木)

梅雨時の 症状 TS-440S

やっとまとまった雨が降りました。わが県
四国の水かめ早明浦ダムの貯水率が65%ぐらいとなり
取水制限が検討されていたところ、ちょっと一息です。

ニュースの時間に定常的に早明浦ダムの貯水率が報道される
水無し県にとっては ありがたい恵みの雨となりました。

梅雨といえば、この時期、日照や気圧などの天候変化が激しく体調を
崩しやすい。
体温管理をしてくれる自律神経がストレスを感じて働きが鈍くなって
免疫力が低下したり、抵抗力が弱くなるのだそうだ。
その結果、風邪をひきやすくなったり、疲れやすくなってしまう。
アマチュア無線業務に日々いそしんでおられるOM方々、ぜひ
お気をつけて!!

我がシャックのサブマシン TS-440Sもまさか自律神経がおかしく
なるわけではないだろうが梅雨時にかぎり特有の症状が発生する。

電源ONの直後、内部発振を起こしているような状態で、Sメータが
振り切れ、全てのBANDがこの状態で5分~10分ぐらい受信不能
となる。時間がたつとだんだんSメータも戻っていき、受信も少し
ずつ回復、10分ぐらいで正常にもどる。
どこかの電解コンデンサの液漏れか容量抜けのたぐいだろうと思っている。

ここ2年ぐらい この梅雨時、かならずこの症状が発生していたのだが
今年はまだ 一度も現象がおきない。

今年の梅雨は 当地ではほとんど雨も降らず、まとわりつくような湿気も
一度も感じない。梅雨明けはまだ遠そうだが、あの湿気ムンムンの日は
今年もくるのだろうか? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 2日 (水)

ワイヤー 3バンド デルタループ リニューアル 

以前 記事 簡易デルタループでBARTG-RTTY HFコンテスト 

で紹介した21,28,50MHZ ワイヤーデルターループを リニューアルしました。
高さが低いこともあり、50MHZの受信が、思わしくないため、最内側の50MHZ
用のエレメントを撤去し、21,28MHZ 2バンド用に戻しました。

50MHZのエレメントを撤去することで、バンド幅が広がるかも知れないという
期待も少しあります。

このアンテナの最大の特徴は 逆三角系ではなく、底辺が下にある三角形で
底辺の長さを1/5波長とすることで、底辺中央部から給電した場合、給電点
のインピーダンスが50オームぐらいになり、同軸で直接給電できるという。

少し欲張って、並列に給電することで、21、28MH用2バンドとしています。
SWRの調整はエレメント長の調整だけでOK。
今回 三角形の頂点をつまむ事で調整できることがわかり、楽に調整できました。
50MHのエレメント撤去のついでに、21,28各エレメントの長さの調整を
行い、CWに特化した調整にしてみました。

飛びは、簡易アンテナとしては、海外コンテストでの使用でも結構満足しています。

図 この図より 最内側の50MHZのエレメントを除去したものです。

Photo

リニューアル前 21,28,50 MHZ         リニューアル後 21,28MHZ

Photo_5 Photo_7

2banddelta_2   

21mhz_3 28mhz_3

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 1日 (火)

う~~ん 残念 広島WASコンテスト結果

第22回広島WASコンテスト
2014年2月22日(土) 21:00~2月23日(日) 17:00

第22回広島WASコンテストの結果が主催者のサイトで発表されている。

参加した県外局シングルオペ3.5MHZでは

       4位/43  残念 次点でした。

参加した県外局シングルオペ7MHZでは
       4位/73  げげげっ こちらも4位次点
              しかも 昨年に続き連続4位

35mhz1_3 7mhz_4

全結果は  ここ

敗因の分析を少し
3.5MHZ 
このバンドの入賞のスコアは

県外局 シングルオペ 3.5MHzバンド 結果表詳細 

QSO数 内県内局 Point Multi 得点
JF3BFS  157 22    245   33   8085
JO4BOW 135 20    215   29   6235
JI7OED/7136 15    196   29   5684
------------------------------
JA5CBU  123  17   190   29   5510

マルチは同じ数なので、3位との差は 6ポイント
県内局は5ポイントなので 県内局1局分+1局分
結果的には、1日目 3.5MHZ開始時 15分遅れて開始したのが
悔やまれる。 RTTYの運用も考えればよかったか?

7MHZ
このバンドの入賞のスコアは

県外局 シングルオペ 7MHzバンド 結果表詳細  

QSO数 内県内局 Point Multi 得点
JF2FIU 193    23    285  35   9975
JF3BFS 191   29    307 32  9824
JF3IYW/3170 22    258 34  8772
----------------------------------------------
JA5CBU 153   22    241  35  8435

マルチは いい結果なので、やはり交信数が足りない。
20局ぐらいの差というのは 結構大きな差ですね。
まったく 実力不足です。

このコンテストの全交信は次のようなものでしたが、この時期の
ハイバンドは勝負にならないので、マルチバンドのエントリーを避け
3.5MHZ と 7MHZの2部門とした選択は正しかったようです。
来年は ハイバンドをきっかり諦め、3.5MHZと 7MHZに
リソースを集中するのが大事かな。
一度も入賞したことのないコンテスト 今年もやっぱり今一歩でした。
入賞者のみなさん、交信頂いた各局ありがとうございました。
来年こそは リベンジするぞ!!!
 
     全交信

  Freq.  Point Multi QSO
3.5MHz    191   29  123
7MHz      242   35  154
14MHz      72   22   44
21MHz       9    5    5
28MHz       7    2    3
50MHz       1    1    1
522x94=49,068点       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »