« う~~ん 残念 広島WASコンテスト結果 | トップページ | 梅雨時の 症状 TS-440S »

2014年7月 2日 (水)

ワイヤー 3バンド デルタループ リニューアル 

以前 記事 簡易デルタループでBARTG-RTTY HFコンテスト 

で紹介した21,28,50MHZ ワイヤーデルターループを リニューアルしました。
高さが低いこともあり、50MHZの受信が、思わしくないため、最内側の50MHZ
用のエレメントを撤去し、21,28MHZ 2バンド用に戻しました。

50MHZのエレメントを撤去することで、バンド幅が広がるかも知れないという
期待も少しあります。

このアンテナの最大の特徴は 逆三角系ではなく、底辺が下にある三角形で
底辺の長さを1/5波長とすることで、底辺中央部から給電した場合、給電点
のインピーダンスが50オームぐらいになり、同軸で直接給電できるという。

少し欲張って、並列に給電することで、21、28MH用2バンドとしています。
SWRの調整はエレメント長の調整だけでOK。
今回 三角形の頂点をつまむ事で調整できることがわかり、楽に調整できました。
50MHのエレメント撤去のついでに、21,28各エレメントの長さの調整を
行い、CWに特化した調整にしてみました。

飛びは、簡易アンテナとしては、海外コンテストでの使用でも結構満足しています。

図 この図より 最内側の50MHZのエレメントを除去したものです。

Photo

リニューアル前 21,28,50 MHZ         リニューアル後 21,28MHZ

Photo_5 Photo_7

2banddelta_2   

21mhz_3 28mhz_3

 

|

« う~~ん 残念 広島WASコンテスト結果 | トップページ | 梅雨時の 症状 TS-440S »

無線一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/597275/59916906

この記事へのトラックバック一覧です: ワイヤー 3バンド デルタループ リニューアル :

« う~~ん 残念 広島WASコンテスト結果 | トップページ | 梅雨時の 症状 TS-440S »