« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月30日 (木)

国内局のE-QSL カード

最近 国内局からのE-QSLが多く届くようになった。
全国型のコンテストがあった月などは本当に多い。

私のポリシーとしては 国内、国外ともに E-QSLを頂いたら
こちらからも E-QSLを送るということでやってきた。
(紙のカードを普通に発行したうえで)

上記の方針なので チエックの都度1件づつ手打ちで入力していたのだが
件数が多くなり 一括アップロードを検討した。

国内局はもとより 海外局についても全てのログを一括アップロード
するのもなんだか 考えものだなー と思うのでここはやはり
E-QSLを受領した局のみを対象としたアップロードにしようと決定。

国内局に限り
通常チエック時 受領確認したら ハムログのQSL受領欄に受領マーク
"E" を入れる(当局の場合 紙のQSLカード受領と区別するため)

一ヶ月に一回 対象レコード範囲をハムログの複合条件検索と印刷で
QSL欄 "  E" で検索した結果を ADIFファイルに落としこれを
アップロードすることにした。

このとき そのまま ADIFに出力するとREMARKS1,2欄の文字が化けて
しまうので、ハムログのQSLカード印刷画面で コメント欄に
適当に "TKS QSO" 等を入れて画面を閉じ、複合条件検索と印刷の画面で
<QSLMSG:> にチエックを入れる。
そうするとE-QSLカードにはQSLMSGが優先されるので文字化けなしになる。

とりあえずこのやり方で10月分の国内分アップロードしてみました。
1件ずつ手打ちと比べるとかなり楽になりました。

みなさんは EーQSL どうしておられるのでせうか?

| | コメント (0)

2014年10月27日 (月)

東京CW、LET'S A1 ,CQ WWコンテスト

東京CWコンテスト
朝6時開始のコンテストですが、朝早くからCQする元気も
環境もなく、朝8時過ぎから1時間運用。
途中 庭木の手入れを仰せつかり、11時少し前より終了まで
計 2時間と少しの運用でした。

今日の本命は 昼からのLET’S A1 コンテスト。
このコンテスト 結果を気にせず楽しみました。
Photo
Freq.  Point Multi QSO
7MHz      114   44   90
114x44=5,016点









LET’S A1 コンテスト

毎年楽しみにしている 縦振り電鍵のコンテスト。
年一回 このコンテストでしか使わない電鍵を引っ張り出して
コンテスト前に少し 練習したかいもなくメロメロな符号を
撒き散らしました。

縦振りコツコツやっていると 通信している実感がこもりますね。
ことしは 出力低減して QRPで参加。
QRPならではの面白さを発見。
ペースがあがらないので、なかなか飽和状態にならず、長い時間
楽しめます。

他の局と競合して呼ぶと必ず呼び負ける。
混んだ周波数でCQ出しても応答が得られない。
たくさんの局から呼ばれているCQ局は後回しにして ひまそうに
CQを何回もだしている局を呼ぶと 交信成功する。
さすがにローカルコンテスト 常連局は耳も良く、ほとんど一発で
コールバックがある。  感謝!!
通常局のDUPが増え、弱い信号もじっくり探してもらえる後半が
QRP局にとっては チャンスです。
結果はさておき 電信を満喫しました。
Photo_2
QRP
  Freq.  Point Multi QSO
3.5MHz     34   23   34
7MHz       76   46   76
110x69=7,590点







Photo_4
45年前に購入した電鍵

HIMOUND  HK-1S












CQ WW DX PHONE

世界のお祭りなので 一応参加。
ワイヤーアンテナではSSBはあきません。 全然飛びません。
がんがん聞こえるのにかすりもしないのが多いです。

CWと違い 呼べどかすりもしないのには 落ち込みます。
これは CWと違い音声を発する際に、無意識にかなりの念を込めて
発するからですかねー。
CWだと 無応答でも平気なのは指先でカチャカチャやるだけだからか?

朝・昼はまだ少しましですが、夜間は全然でした。
それでもなんとか 100 QSOできました。

  Freq.  Point Multi QSO
7MHz       30   12   12
14MHz      15    8    5
21MHz     180   46   76
28MHz      45   16   19
270x82=22,140点

| | コメント (0)

2014年10月24日 (金)

電信電話記念日コンテストに参加

電信電話記念日は1869年10月23日(旧暦明治2年9月19日)に
東京~横浜間の電信線架設工事に着手したことにちなむ記念日
らしいです。 有線電信ですね。

明治20年ごろの国語の教科書に
「電信機の構造は甲乙両所に機械を据ゑ其間に鉄線を引て電気を通じ甲所
の機械を動かせば、電気鉄線を伝はりて乙所に至り文字の符を現はすなり」

電信の迅速なるは実に驚くべし
今我が国より英国までは其里数四千八百里に余りて飛脚船を以て航
行せば四十余日を費すべきも今朝我が横浜を発したる電信は其日の午後に英
京倫敦に達するを得べし.... とあるそうな。

さてコンテストですが もちろん電信での参加です。

7MHZのSKIPが意外に早く、早めし、早風呂で頑張り
ましたが、家庭融和のため 23:00過ぎで終了。
平凡な記録に終わりました。
副賞の「USBIF4CW」抽選権 17口確保しました。
当たるといいなー。
Photo   Freq.  Point Multi QSO
1.9MHz     26   21   22
3.5MHz    115   59   91
7MHz       81   39   61
222x119=26,418点







| | コメント (0)

2014年10月21日 (火)

インクジェットP 廃インク吸収体交換

今月分のQSLカード印刷中に突然、プリンターから
「廃インク吸収体が一杯になりました」のエラーメッセージ。

文字通り、廃インクの吸収体がいっぱいに近づいたため(メーカの
設定した設定値に近づいたため) このまま使い続けると一切印刷
できなくなるようだ。

この吸収体の交換はメーカー修理となるようで、マニュアルにも
「お客様相談センター」に問い合わせるように書いてあった。

いまさら このネットオークションで購入したCANON IP4100に修理代
をかけるのは あほらしい。修理代で別のプリンターが買えそうだ。
なにより、QSLカードを印刷する分には性能的にも満足しており
インクのストックもある。もう少しなんとかこのプリンターを使い
続けたい ということで ネットで検索してみる。

「IP4100 廃インク吸収」で検索してみると
canon ip4100で「廃インク吸収体が一杯」に対処  という記事がみつかり
リンクをたどって 

プリンターをバラして 機構部下部より廃インク吸収体を取り出し
水洗いし、乾かした後 再取り付けをおこない
保守モードで カウンターをRESETすれば良いと分かる。

上記リンクに吸収体の取り出し手順が写真つきで紹介されている。
爪で止まっている左右の側板を外し 上部カバーも2箇所の爪で
止まっているだけなので 簡単に外せる。

あとは ネジ4本を外せば 機構部がはずれ、
本体底部分に吸収体が見える。
意外と簡単な作業、でした。

目的の吸収体をとりだし 丁寧に水洗い。
大量の水が 必要でした。
丸二日 陰干しにしてやっと乾きました。

分解した時とは逆の順番で組み立て、カウンターをRESETして
終了。 快調に動作しています。

Photo Photo_2











Photo_3 Photo_4

| | コメント (0)

2014年10月20日 (月)

2014 JAG オール千葉 コンテスト

JAGコンテスト

一般局として JAGコンテストに参加しました。
コンテスト部門とパーティ部門を分離 したとかで

「CQ JAG コンテスト」と言ってる会員局と
「CQ JAG パーティ」 と言ってる会員局がいます。

一般局としては 「CQ JAG パーティ」の局との交信は
得点になるのかどうか 分からず 「CQ JAG コンテスト」
の局のみ 呼ばせていただきました。
Jag 3.5MHZ CW  3 QSO
     SSB  3 QSO

7MHZ   CW  16 QSO
        SSB  36 QSO
---------------------
合計 CW   19 QSO
       SSB  39 QSO





オール千葉コンテスト

12:30ごろより 開始
意外に県内局少なし。

13:00ごろ 用事のためでかけ14:00ごろ
帰ってくると 7MHZ なにも聞こえなくなっていました。
このCNDXで戦意喪失。

16:30ごろより 3.5MHZで巻きなおしをはかる。
コンテスト終了後 あれっ 3.5MHZシングルバンドは
電信だけの部門がありません。 あーあ!!

Photo CW
  Freq.  Point Multi QSO
3.5MHz     30   10   10
7MHz       69   18   23
14MHz       6    2    2
105x30=3,150点

| | コメント (2)

2014年10月15日 (水)

DX ペディ追っかけ やっと初日!

台風が去り、風も収まったので降ろしていたアンテナを
再建ちあげしました。

この際、3.5MHダイポールの両端の支柱の支えを強化し
いままでより 少し頑丈になり、地上高も少しUP.
次からは 台風時おろさなくても 済むかも?

ハイバンド用のワイヤーデルタループはもとのまま揚げなおし
24MHZ、50用のワイヤーデルタループは 位置を少し変えてみた。

作業が終わった直後,試しに21MHZ CWを聞いているとVK9DLX
ガンガン聞こえ呼ぶとすぐにコールバックがあった。
いままで全然できなかったのだが、不思議だ。
やっと初日がでた。この後 24 CW でもこの局と交信できた。

さらに 28 CW で 4W/G3ZEM  と交信。

出来る時はできるんですねーー
なんだか ついてる 一日でした。

その他本日
 VK2DX 24 CW
  LZ1QI 24 CW

| | コメント (1)

2014年10月14日 (火)

2014 全市全郡コンテスト・鳥取コンテスト

全市全郡コンテストに参加しました。
昨年は P50 電話部門シングルオペ50MHzバンドでお茶を濁し
四国管内で他の参加者がなく、わずか6 QSOでエリア入賞
でした。
今年は 先の台風18号の折、50MHZのアンテナを降ろしたまま
になっており、2匹目のどじょうというわけにもいきません。
加えて 2日目は ローカルの神社の祭礼で、役を仰せつかり
昼前から夕方まで QRVできない状況でした。
そこで 夜だけの3.5MHZ CWで参加することに決定。
深夜・早朝の運用をすることなくマイペースで楽しみました。
(2日目午前中 暇つぶしに14MHZも少しだけ運用)
台風19号に備えて、3.5ダイポールの両端を半分ぐらいの高さ
に下げていたわりには けっこう楽しめたかな?
本気でやっても メジャーなコンテスト入賞なんてまったく
無理そうです。

Photo_5
  Freq.  Point Multi QSO
3.5MHz    186  155  186 (内SSB 10局)
14MHz      68   60   68
254x215=54,610点







----------------------------------------------------
オール鳥取コンテスト

朝 6:00~12:00 までのコンテストです。
早朝からがんばる気力もなく 8:00ごろより開始。
あいかわらず 県内局がみつかりません。
このコンテスト 早朝が勝負時なのかも?
県内局のQSYのお誘いでなんとか ハイバンドも少し交信
できました。
昨年のスコアよりはいくぶん上積みできました。

Photo_7
  Freq.  Point Multi QSO
3.5MHz      1    1    1
7MHz        7    3    7
14MHz       2    2    2
21MHz       2    2    2
28MHz       1    1    1
13x9=117点 CW

| | コメント (2)

コンテスト結果 滋賀・オールJA5・鹿児島

オール滋賀コンテスト結果
第18回滋賀コンテスト結果(2014年7月21日実施)
第18回滋賀コンテストの結果がJARL滋賀支部の
サイトで発表されている。
参加した [OC7 電信シングルオペ7MHZ県外」部門で
      9位/36 かろうじて10位以内
入賞は ほど遠いです。
OC7
------------------
*JE1NGI    5406
*JR2AWS    5355
*JA3GJQ    4860
JG1CFO    4402
JO1RUQ    4352
JO4BOW    4284
JH1KPT    3744
JA4GWE    3503
JA5CBU    3503
JA2QVP    2958
---- 以下省略 ----
全結果 ここ


2014 オールJA5コンテスト結果
2014 オールJA5コンテスト(2014年10月12日実施)
2014 オールJA5コンテストの結果がJARL四国地方本部の
サイトで発表された。
参加した 「電信7MHZ」 で
   3位/8  入賞ならず 残念
1位の方とは 倍・半分の大差で完敗です。
1位から3位まで全て 36県でした。
マルチバンド電信から 7MHZへエントリーを変えて
ログ提出したのですが、結果的にはマルチバンドで提出
したとしても同じような結果でした。
このコンテスト 四国内の 電信のハードルは高いです。
力不足 一目りょう然。

        電信
Photo_2
全結果は ここ

2014 鹿児島コンテスト結果
2014 鹿児島コンテスト
平成 26 年 7 月 27 日(日) 9:00~21:00 開催
第 24 回鹿児島コンテストの結果がJARL鹿児島県支部の
サイトで発表された。
参加した 「G7 シングルオペ7MHZバンド県外] 部門で
  4位/32  ぎりぎり4位入賞 でした。
CW マルチバンドをめざしましたがハイバンドが全然できず
毎年7MHZのエントリーとなります。
 
Photo_4
全結果 ここ

| | コメント (0)

2014年10月11日 (土)

初DX アワード HAM FORMULA ONE ゲット

 ブログで知った <HAM FORMULA ONE> アワード

UE16XX と交信し 規定のPOINTを集めるアワードです。

最近 DXづいており、ついでにチャレンジしてみました。
なんとか 期間中に BASIC-DIPLOMA(8ポイント)
3—th degree(16 ポイント)をGETできました。

F1 GP のFBなアワードです。
はじめての DX アワード獲得です。

Bc03746pdf001_2 Na04172pdf001

| | コメント (0)

2014年10月 7日 (火)

台風一過 DXシーズンじゃー

台風18号が去った。

幸い上空で ワイヤーの3.5MHZのダイポールと 7MHZのダイポールが
絡み合ったぐらいで、他に被害もなく、やりすごした。

次の台風もスタンバイしているらしいので、この台風で降ろしたワイヤー
のデルタループを 揚げるか、次の台風まで降ろしたままにするか少し
迷っていたのだが DXシーズン到来なので 揚げることにした。

作業は簡単で10分ぐらいで終了。
このワイヤーアンテナ 私にとってはDX用メインアンテナです。

さていつもの7MHZ 国内QSOはさておき 今日はにわかDXです。
珍しいところも、そうでないところも関係なくDXと交信できること
自体が楽しい というのがポリシーです。 あはは...

28MHZのコンディションが良さそうさそうです。
28 CWで V73NS LI6CF  UE16LT HA3UU EU4KF ができた。

その他本日DX
W1AW/6 21 RTTY
W1AW/6 24 CW
W1AW/KL7  21 CW
T30D   21 CW
T30D   14 CW
YJ0X    7 CW

YJ0X 7MHZ でCQを聞きました。この時点ではクラスターにアップ
されていなくて すぐに応答がありました。 ラッキー!!

T30D すばらしく耳の良いOPです。尊敬!!
24CW 18CW 28CW 3.5CW 21CW 14CW でできました。

ワイヤーアンテナで がんばるぞーーー

| | コメント (0)

2014年10月 6日 (月)

2014 オール岐阜コンテスト結果

第17回オール岐阜コンテスト
6月14日(土) 19:00 - 22:00
6月15日(日) 07:00 - 10:00

オール岐阜コンテストの結果がJARL岐阜のサイトで発表された。
JARLニュース秋号で入賞者の発表があったがやっと全結果が
発表された。

参加した「シングルOP電信電話HFローバンド県外」部門で
        X-SHL

         1位/14  久しぶりの 1位入賞でした

昨年の X-S7 シングルオペ電信電話 7MHZバンド 1位に続いて
のハッピーな結果。
このコンテストとの相性 なぜか 良いのです!!

最近DXぽちぽちやっています。
本日のDX
T30D  28  CW
T30D  3.5 CW
UE16SR 21 CW
3D2YA  18 CW
W1AW/KL7 7 CW

X-SHL シングルOP電信電話HFローバンド県外

4

全結果 ここ

| | コメント (0)

2014年10月 5日 (日)

JLRSパーティコンテスト(cw) 参加

JLRSパーティコンテスト(cw)に本気モードで参加。
ひたすらYL局を追いかけました。

開始直後 思わぬトラブル発生。
1局目を CALL しようとした時 あれれっ アンテナSWR
無限大。原因を調査すると 中継コネクタの部分で同軸の断線を発見。
この朝、台風に備えて 一部のアンテナを降ろした時、ベランダで
中継コネクタ近辺を踏みつけたため、古いコネクタ部分で断線したらしい。

しばしベランダ上で作業。新しくコネクタを付け替えて1時間
遅れてスタート。
ほとんどが 1日目のQSO、2日目はわずか7QSOで終わった。
昨年のスコアは越えたのでまあ 満足です。
Photo
  Freq.  Point Multi QSO
3.5MHz     50   14   14
7MHz       82   19   23
14MHz      13    5    5
21MHz       5    1    1
150x39=5,850点







第43回オール神奈川コンテスト結果
オール神奈川コンテストの結果がMAILで届いていた。
参加した 県外電信シングルオペHF LOW BAND(XCSHL) 部門で

   11位/51

TOP 10にも 届かず 惨敗でした。
Photo_2

| | コメント (2)

2014年10月 3日 (金)

10年ぶりにCQ誌購入

CQ誌 10月号を購入した。
我が家にあるCQ誌は 2003年12月号 1冊のみである。
どこかの時点で 全て処分して いまあるのはこれ一冊のみ。
これからすると実に十年ぶりの購入である。

2011年に再開後も特に CQ誌を読みたくなることもなく、ほとんどの
情報はネットで得ることができるので、何も不便はなかった。

最近30数年ぶりにカムバックされた ローカルのOMさんに刺激を受け
つい出来心で購入。
内容は いつの時代でも同じような内容だなと思う。

QSLカード最新事情は興味深く読ませていただいた。
あらためて どこにコールサインが記されていりのかわからんカードには
いらいらして 腹がたつ。最近結構これ多いです。
この年寄りのために あんたのコールサインを大きく書いてください。

移動運用で /x の表記のないのも結構あったりする。
コールサインが2つ書いてあって どっちかわからんやつもままあります。

整理方法として 人それぞれとは思うが
全部のQSLカードをイメージで記録するなんてのはすごい。
整理が主な業務になり QSOする暇がなくなるのでは...と心配する。

なかには 周波数毎、コールサイン毎に整理されている方もいらっしゃる
ようで。 以前 5QSLカードを受け取った方から 周波数ごとにして
くれと依頼を受けたことがある。なるほどなーー 
私にとっては そこまでは 必要ない。

コールブックの順番に並べ、島根便の靴箱に エリア毎に入れて保管している。
これでも 少し時間かければ 任意の1枚をピックアップでき、QSO時の
話題にもできる。

整理はハムログでいかようにもできるので この管理でなんとかok。
毎月カードをコールブックの順に並べ替える手間は仕方が無いと思っている。

QSL収集は ビューローのみ。カードお金で買うものではないでしょ!

本日のDX 24MHZ 好調
T30D      24CW
3D2YA     21CW
SV5/G0TSM 24CW
ZM90DX    24CW
UN7JZ     24CW

| | コメント (2)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »