« 電信電話記念日コンテストに参加 | トップページ | 国内局のE-QSL カード »

2014年10月27日 (月)

東京CW、LET'S A1 ,CQ WWコンテスト

東京CWコンテスト
朝6時開始のコンテストですが、朝早くからCQする元気も
環境もなく、朝8時過ぎから1時間運用。
途中 庭木の手入れを仰せつかり、11時少し前より終了まで
計 2時間と少しの運用でした。

今日の本命は 昼からのLET’S A1 コンテスト。
このコンテスト 結果を気にせず楽しみました。
Photo
Freq.  Point Multi QSO
7MHz      114   44   90
114x44=5,016点









LET’S A1 コンテスト

毎年楽しみにしている 縦振り電鍵のコンテスト。
年一回 このコンテストでしか使わない電鍵を引っ張り出して
コンテスト前に少し 練習したかいもなくメロメロな符号を
撒き散らしました。

縦振りコツコツやっていると 通信している実感がこもりますね。
ことしは 出力低減して QRPで参加。
QRPならではの面白さを発見。
ペースがあがらないので、なかなか飽和状態にならず、長い時間
楽しめます。

他の局と競合して呼ぶと必ず呼び負ける。
混んだ周波数でCQ出しても応答が得られない。
たくさんの局から呼ばれているCQ局は後回しにして ひまそうに
CQを何回もだしている局を呼ぶと 交信成功する。
さすがにローカルコンテスト 常連局は耳も良く、ほとんど一発で
コールバックがある。  感謝!!
通常局のDUPが増え、弱い信号もじっくり探してもらえる後半が
QRP局にとっては チャンスです。
結果はさておき 電信を満喫しました。
Photo_2
QRP
  Freq.  Point Multi QSO
3.5MHz     34   23   34
7MHz       76   46   76
110x69=7,590点







Photo_4
45年前に購入した電鍵

HIMOUND  HK-1S












CQ WW DX PHONE

世界のお祭りなので 一応参加。
ワイヤーアンテナではSSBはあきません。 全然飛びません。
がんがん聞こえるのにかすりもしないのが多いです。

CWと違い 呼べどかすりもしないのには 落ち込みます。
これは CWと違い音声を発する際に、無意識にかなりの念を込めて
発するからですかねー。
CWだと 無応答でも平気なのは指先でカチャカチャやるだけだからか?

朝・昼はまだ少しましですが、夜間は全然でした。
それでもなんとか 100 QSOできました。

  Freq.  Point Multi QSO
7MHz       30   12   12
14MHz      15    8    5
21MHz     180   46   76
28MHz      45   16   19
270x82=22,140点

|

« 電信電話記念日コンテストに参加 | トップページ | 国内局のE-QSL カード »

コンテスト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 電信電話記念日コンテストに参加 | トップページ | 国内局のE-QSL カード »