« 2014 JAG オール千葉 コンテスト | トップページ | 電信電話記念日コンテストに参加 »

2014年10月21日 (火)

インクジェットP 廃インク吸収体交換

今月分のQSLカード印刷中に突然、プリンターから
「廃インク吸収体が一杯になりました」のエラーメッセージ。

文字通り、廃インクの吸収体がいっぱいに近づいたため(メーカの
設定した設定値に近づいたため) このまま使い続けると一切印刷
できなくなるようだ。

この吸収体の交換はメーカー修理となるようで、マニュアルにも
「お客様相談センター」に問い合わせるように書いてあった。

いまさら このネットオークションで購入したCANON IP4100に修理代
をかけるのは あほらしい。修理代で別のプリンターが買えそうだ。
なにより、QSLカードを印刷する分には性能的にも満足しており
インクのストックもある。もう少しなんとかこのプリンターを使い
続けたい ということで ネットで検索してみる。

「IP4100 廃インク吸収」で検索してみると
canon ip4100で「廃インク吸収体が一杯」に対処  という記事がみつかり
リンクをたどって 

プリンターをバラして 機構部下部より廃インク吸収体を取り出し
水洗いし、乾かした後 再取り付けをおこない
保守モードで カウンターをRESETすれば良いと分かる。

上記リンクに吸収体の取り出し手順が写真つきで紹介されている。
爪で止まっている左右の側板を外し 上部カバーも2箇所の爪で
止まっているだけなので 簡単に外せる。

あとは ネジ4本を外せば 機構部がはずれ、
本体底部分に吸収体が見える。
意外と簡単な作業、でした。

目的の吸収体をとりだし 丁寧に水洗い。
大量の水が 必要でした。
丸二日 陰干しにしてやっと乾きました。

分解した時とは逆の順番で組み立て、カウンターをRESETして
終了。 快調に動作しています。

Photo Photo_2











Photo_3 Photo_4

|

« 2014 JAG オール千葉 コンテスト | トップページ | 電信電話記念日コンテストに参加 »

無線一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2014 JAG オール千葉 コンテスト | トップページ | 電信電話記念日コンテストに参加 »