« 東京CW、LET'S A1 ,CQ WWコンテスト | トップページ | オール大阪、JA9HF、QRPコンテスト »

2014年10月30日 (木)

国内局のE-QSL カード

最近 国内局からのE-QSLが多く届くようになった。
全国型のコンテストがあった月などは本当に多い。

私のポリシーとしては 国内、国外ともに E-QSLを頂いたら
こちらからも E-QSLを送るということでやってきた。
(紙のカードを普通に発行したうえで)

上記の方針なので チエックの都度1件づつ手打ちで入力していたのだが
件数が多くなり 一括アップロードを検討した。

国内局はもとより 海外局についても全てのログを一括アップロード
するのもなんだか 考えものだなー と思うのでここはやはり
E-QSLを受領した局のみを対象としたアップロードにしようと決定。

国内局に限り
通常チエック時 受領確認したら ハムログのQSL受領欄に受領マーク
"E" を入れる(当局の場合 紙のQSLカード受領と区別するため)

一ヶ月に一回 対象レコード範囲をハムログの複合条件検索と印刷で
QSL欄 "  E" で検索した結果を ADIFファイルに落としこれを
アップロードすることにした。

このとき そのまま ADIFに出力するとREMARKS1,2欄の文字が化けて
しまうので、ハムログのQSLカード印刷画面で コメント欄に
適当に "TKS QSO" 等を入れて画面を閉じ、複合条件検索と印刷の画面で
<QSLMSG:> にチエックを入れる。
そうするとE-QSLカードにはQSLMSGが優先されるので文字化けなしになる。

とりあえずこのやり方で10月分の国内分アップロードしてみました。
1件ずつ手打ちと比べるとかなり楽になりました。

みなさんは EーQSL どうしておられるのでせうか?

|

« 東京CW、LET'S A1 ,CQ WWコンテスト | トップページ | オール大阪、JA9HF、QRPコンテスト »

無線一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京CW、LET'S A1 ,CQ WWコンテスト | トップページ | オール大阪、JA9HF、QRPコンテスト »