« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月31日 (火)

そろそろ6m 準備

3月も最後の1日 そろそろ6mバンドの準備ということで

関連記事 簡易ループアンテナで6m DX の記事の1エレループアンテナ

を 今年もまた 立ち上げた。

庭に転がしていたのだが 傷みもなくそのまま立ち上げ。

昨年はこのアンテナで
VK,XW,9W6,FK8,V63,DU,T88,KG6,9M6,BV,HL,BG6,VR2 等ができた。

ことしはどんなんかな?... 楽しみ

Photo

| | コメント (0)

2015年3月30日 (月)

CQ WW WPX 少しだけ参加

CQ WW WPX に1日目少しだけ参加した。

日ごろPHONEのDXはやったことがないのでコールサインを聞き取る

のもあやしい。やっているうちに耳が慣れてくるもんですね。

なんとか 100局を目標に最終日の朝、4局やってちょうど100の予定

が月曜朝 めんどくさくなってそのまま中途半端な交信数で終了した。

いままで CWで交信できなかったC21EUと CN2AA が収穫でした。

CN2AA 久しぶりのNEWでした。

CONTEST : 2015 CQ WW WPX contest

  Band   QSOs   Pts
7MHz      12    64
21MHz     50   108
28MHz     34    84
--------------------------
Total     96   256

| | コメント (0)

2015年3月26日 (木)

データ通信 PTTインターフェースまとめ

今日 あらためて MMシリーズ(MMTTY MMVARI,MMSSTV)の
マニュアルを読むと これらは全て 送信時にRS232Cの
RTS と DTRを 同時にONしているらしい。
したがって RTS,DTRどちらでもPTTはOKのようだ。

忘備録がわりに今回のインターフェース作成のまとめ
(思い違い等あるかもしれませんが)
一応 このインターフェースで表にあるソフトは正常に動作した。


Photo_2

| | コメント (0)

2015年3月25日 (水)

JT65-HF PTT制御 変更

久しぶりにJT-65モードを楽しもうとJT65-HFを
起動。送信に移った直後 全く変調がかからない状態。
何回かに1回は正常に動作することもある。

この現象をみてピンとくるものがあった。
先日 RTTYをFSKにするためRS232C制御のインターフェースを
つくりそれを使用中である

         現在の接続            T
RS232C               TS-590S ACC
TXD ----------->  2   FSK信号入力
DTR ----------->  9   AUDIO 入力用 PTT
RTS ----------->  13  RTTY FSK用  PTT

上記の接続で ACCの13 RTTY FSK用は
送信中、ACCコネクタ(11)からのオーディオ入力
は遮断される仕様である。

このJT65-HFのPTTは DTRによるものと思っていたのだが
DTRと同時にRTSにもPTT信号がでているのかも知れない。
そうだとするとRTSとDTRがそれれぞACC(13) とACC(9)を
同時にたたき RTSによりACC(13)が一瞬でも先にたたかれた時
無変調になると考えられる。
まず確認するため RTS-->ACC(13)の接続をカットしてみると
全て正常に変調がかかる。やはりRTSにもPTT信号がでている
ようである。

そこで RTTYの時のみ ACC(13)をたたくように接続を変更

     変更後の接続
RS232C          TS-590S ACC
TXD ------------>13  RTTY FSK用  PTT
DTR ------------>9   AUDIO 入力用 PTT
RTS------------->2   FSK信号入力

(この接続でもJT65-HF起動時 RTSにPTT信号が出て
ACC(2)に 入るが ACC(13)はたたかないので影響なし
(たぶん)
というわけで TESTをかねて久しぶりにJT65モード
3局交信 問題なしでした。やれやれ

| | コメント (0)

2015年3月22日 (日)

東海QSOコンテスト&大都市コンテスト

東海QSOコンテスト
Photo_3
: 2015 東海QSO-管外

  Band   QSOs   Pts  Multi
7MHz      93    93   55
--------------------
Total     93    93   55
Score : 93x55=5,115点





東海QSOコンテスト
9:00AMよりCWで開始
30分ぐらい運用したところで買い物に連行され10:00ごろ
帰宅。 腰をすえて取り組む。
昨年より 10QSOぐらい上回った。

大都市コンテスト
Photo_4

Band   QSOs   Pts  Multi
7MHz      71    71   54
---------------------
Total     71    71   54
Score : 71x54=3,834点






東海QSOコンテストで疲れてしまい、パスするつもりが
聞いていると じっとしておれず参加してしまった。

SSBの交信が 少なく殆どCWでした。




| | コメント (2)

2015年3月20日 (金)

PTT制御 欲張ってみたが...

関連記事 TS-590S RTTYをFSKモード に

先日作った 上記関連記事のrttyインターフェースのPC接続図の内
RS232C切替機で切り替えるpc キーイングの為のインター
フェイスに 前回 フォトカプラーが一個余っているのでこれを組み
込んで サブマシンのPTT制御を兼ねられるようにしょうとした。
こうすることで サブマシン側もPCのCQマシンが利用できる。

前回の苦労のかいあって、今回はスムーズに232Cコネクタの中へ
組み込むことができた。

TS-440S の背面 FSKIN より PCよりの音声を入れCQマシンソフトを
動作させる。PTT制御は問題なしだが、廻り込みが激しくCQマシン
としては実用にならず。

パッチンコアを各所に入れてみたが改善せず。
ならばと 昔作ったマイク/外部入力切替機で前面マイク端子から
音声を入力してみたが これも廻り込みひどく処置なし。

結局 CQマシンの利用はあきらめた。

一応インターフェースとしては DTRとRTSの2回路が制御
可能となったので また何か使い道があるかも...

テスト中 数局の方にレポートいただきました。
ありがとうございました。
4_2

DTR  トランジスタで

RTS (今回分 中央白いのがフォトカプラ










Photo
前回のFAX制御用

TXD
DTR 
RTS      フォトカプラー 3個

| | コメント (0)

2015年3月17日 (火)

TS-590S RTTYを FSKモードに

Rttyfsk

愛機 TS-590Sの RTTY を FSKモードにしたいと思い
調べてみると、USB->SERIAL変換ケーブルを使って
MMTTY と EXTFSKというアプリーケーションの組み合わせで
解決することが解った。

このEXTFSKが通常のCOMポート感覚でFSK及びPTT信号を発生
してくれのだそうだ。
早速EXTFSK をダウンロード、MMTTYがインストールされている
フォルダーに解凍。

MMTTY側の設定で 設定画面-送信からPTTのポートをEXTFSKに設定。
EXTFSK側の設定で COMポートと FSK信号,PTTOUT信号に
割り当てるRS232Cの信号を設定する。

現在 DTR はデータ通信のPTTに使用しているので
   TXD をFSK信号
   RTS  をPTT信号 とした。

さて肝心のインターフェースの作成です。
(図の色塗りの部分
最初は 既存のRS232C DSUB 25ソケットに内蔵した4回路
フォトカプラー(現在はDTR一回路のみ)の空き部分に組み
込むつもりで取り組むもこの細かい作業に老眼がついていけず
断念。

1回路のフォトカプラーを DTR,TXD,RTS用に各1個づつ
大きめの基盤に組み込むこととした。
TLP621 通販で 4個入り 150円でした。

組みあがったものの動作せず、大きな天眼鏡でみてみるとピンと
違うところに半田を盛ったりしていて つくづく老眼が情けない。

なんとか完成し テスターで各信号のスイッチングを確認し
動作させて見るとPTTはONになり 変調もかかっている様子。
サブのリグに別のパソコンを接続して実際に受信してみるとあれれっ
正常にデコードされない。

そういえば どこかで見たような記憶が?
TS-590SのFSKは KEY 極性が逆になっているとか?
本体メニュー よりKEY極性を ON INVERSEの設定に変更。
これでめでたく 正常受信に成功。

今日21MHZ RTTYで ES5GPと 初FSK RTTYでの交信ができた。

| | コメント (2)

2015年3月16日 (月)

2015 ALL JA0 3.5MHz/7MHzコンテスト

LL JA0 3.5MHz/7MHzコンテスト CW部門に参加した。
3.5MHZ CNDXが悪いのか弱い信号が多く結構受信練習
をさせてもらった。
23時過ぎにあきらめて 早々と終了。

翌日7MHZ 8:00AMごろから 始めたものの9:30-10:30ごろまで
買い物に連行され あとは適当に...
イマイチ 気力が盛り上がらず。
空振りCQを垂れ流すのもいささか恥ずかしい。
こういう根気比べの耐久コンテストは疲れます。

結果 CW
Ja0_2
CONTEST : 2015 ALL JA0 3.5,7
  Band   QSOs   Pts  Multi
3.5MHz    89   123   15
7MHz      91   123   15
--------------------------

| | コメント (2)

2015年3月 5日 (木)

コンテスト結果 3つ

第39回高知県マラソンコンテスト
平成26年11月1日 00:00~11月11日 00:00

県外局電信電話 マルチバンド

なんとか 3位 入賞でした。
Photo

全結果 ここ


JIDX 2014 CW Contest Results

参加した 7 (40M-LOW)部門

26 QSO で エリア入賞貰ちゃいました。

なんだか 申し訳ない気持ちです。
どんなにQSO 数少なくても参加したコンテストはログ提出します。
5 エリアで良かった!!

Photo_2

全結果 ここ

2014年度 ふるさとコンテスト 結果

参加したの 忘れていました。
3.5MH  3位 やはり手を抜くと入賞できません。

Photo_5 
全結果 ここ

| | コメント (0)

2015年3月 4日 (水)

北海道/兵庫コンテスト賞状受領

コンテストの賞状が 2枚相次いで到着しました。

Save0051 オール兵庫コンテスト

電信電話
シングルオペ 7MHZ

    3位














Save0052_2

全北海道コンテスト

電信道外
シングルオペ マルチバンド

めったにない

   1位


うれしいー です。

| | コメント (2)

2015年3月 2日 (月)

広島WASコンテスト

第23回広島WASコンテストに参加した。

Photo_3
CONTEST : 2015 広島WAS

  Band   QSOs   Pts  Multi
3.5MHz   133   ■■   33
7MHz     131   ■■   28
14MHz     18      26    9
--------------------------
Total    282              70






このコンテスト今まで一度も入賞したことがありません。

ことしこそは なんとか..と思い少し準備した。

1. CQマシンソフトで SSBのCQが出せるように準備
  SSBでCQコンテストを叫ぶのが気恥ずかしいので
  これを機にこのソフトとCTESTWIN のCOMポートの競合を解決し
  CQ コンテストの音声ファイルを用意した。

2.QSO数 UPのため RTTY を準備。
   CTESTWIN 上で CWの時と同じファンクションキーで
   RTTYが運用出来るよう設定を変更

上記の準備をして本番を迎えましたが、3.5MHZではRTTYの
交信は無し。 SSBでのCQも殆ど出さずに終わった。

2日目、朝14MHZのCNDXがよくこれからという時に
Xに連れられ 買い物に。運用時間25分でこのBAND 終了

昼からの7MHZは 出足好調でしたが中盤、後半ガックリ。
CQマシンは 役に立ったものの、CWが一巡したあたりから
交信数増えず。 RTTYは約10 QSOしたものの
交信数は昨年をかなり下回った。

やはりことしもダメそうです。

| | コメント (4)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »