« 2015 ALL JA0 3.5MHz/7MHzコンテスト | トップページ | PTT制御 欲張ってみたが... »

2015年3月17日 (火)

TS-590S RTTYを FSKモードに

Rttyfsk

愛機 TS-590Sの RTTY を FSKモードにしたいと思い
調べてみると、USB->SERIAL変換ケーブルを使って
MMTTY と EXTFSKというアプリーケーションの組み合わせで
解決することが解った。

このEXTFSKが通常のCOMポート感覚でFSK及びPTT信号を発生
してくれのだそうだ。
早速EXTFSK をダウンロード、MMTTYがインストールされている
フォルダーに解凍。

MMTTY側の設定で 設定画面-送信からPTTのポートをEXTFSKに設定。
EXTFSK側の設定で COMポートと FSK信号,PTTOUT信号に
割り当てるRS232Cの信号を設定する。

現在 DTR はデータ通信のPTTに使用しているので
   TXD をFSK信号
   RTS  をPTT信号 とした。

さて肝心のインターフェースの作成です。
(図の色塗りの部分
最初は 既存のRS232C DSUB 25ソケットに内蔵した4回路
フォトカプラー(現在はDTR一回路のみ)の空き部分に組み
込むつもりで取り組むもこの細かい作業に老眼がついていけず
断念。

1回路のフォトカプラーを DTR,TXD,RTS用に各1個づつ
大きめの基盤に組み込むこととした。
TLP621 通販で 4個入り 150円でした。

組みあがったものの動作せず、大きな天眼鏡でみてみるとピンと
違うところに半田を盛ったりしていて つくづく老眼が情けない。

なんとか完成し テスターで各信号のスイッチングを確認し
動作させて見るとPTTはONになり 変調もかかっている様子。
サブのリグに別のパソコンを接続して実際に受信してみるとあれれっ
正常にデコードされない。

そういえば どこかで見たような記憶が?
TS-590SのFSKは KEY 極性が逆になっているとか?
本体メニュー よりKEY極性を ON INVERSEの設定に変更。
これでめでたく 正常受信に成功。

今日21MHZ RTTYで ES5GPと 初FSK RTTYでの交信ができた。

|

« 2015 ALL JA0 3.5MHz/7MHzコンテスト | トップページ | PTT制御 欲張ってみたが... »

無線一般」カテゴリの記事

コメント

回路図を見て「あれっ?」と思ったのですが、

○TXD→FSK
○DTR→Keying
○RTS→PTT

となるように回路を組めば、RS232Cの切替器が不要となるのではないでしょうか。当方もそのようにしてTS-870やFT-655などと結線していますが、特に不具合はないですよ。ご参考までに~

投稿: きこり@JH最大の難所 | 2015年3月18日 (水) 00時05分

きこり@JH最大の難所 さん
ありがとうございます。
確かに RTTY FSK だけに限ればご教示の通りなのですが
このTS-690S データ通信用のPTT と FSK用のPTT が別
になっていて PTTが2系統必要なのです。
MMVARI,JT65-HF,MMTTY,CQマシンなど多くのデータ通信
ソフトがDTRでPTT制御しているので DTRをこれにあて
ています。
今のところ 232Cを切り替えるのはCTESTWINでPCKEYING
する時だけなので この方が利便性がたかいのかなと
思っています。

投稿: cbu | 2015年3月18日 (水) 10時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2015 ALL JA0 3.5MHz/7MHzコンテスト | トップページ | PTT制御 欲張ってみたが... »