« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月28日 (月)

第27回電信電話記念日コンテスト結果

Ntttest_3
12位 でした。

TOPグループははるかかなたです。

今年も目当ての 副賞は当たりませんでした。

それでも まー  善戦です。

| | コメント (0)

2015年12月26日 (土)

A.R.I HF CONTEST 結果

A.R.I HF CONTEST の結果がMAILで届いた。
Ari10_2 

WORLD  275位

JA   で 10位 らしい。

意外と JAからの参加も多いようです。

立派なAWARDが添付されていました。
Ariawardpdf001

| | コメント (0)

2015年12月23日 (水)

第58回フィールドデーコンテスト結果

第58回フィールドデーコンテスト結果
Ws000055_2

モーニング部門で参加
10位辺りが エリア入賞のラインのようなので
移動しなくても 届かない ことは なさそうな......

次に向けていい目標ができました。

ログチエック結果は
********************* ログチェック結果まとめ ******
    0 重複交信 (0点)
    0 参加種目外交信 (0点)
    0 コンテスト対象バンド外交信 (0点)
    1 コールサイン受信間違い (減点)
    0 ナンバーコピーエラー (減点)
    0 バンド記載間違い (減点)
    0 時刻記載エラー (減点なし)
    0 このログだけに記載されているコールサイン (減点なし)

ミスコールが1件 残念

| | コメント (0)

2015年12月15日 (火)

2015年A1クラブ コンテスト 結果

Ws000055_2

7位 頂きました。

照合率 受信 98.6% 2番/上位10人中
    送信 78.9% 9番/上位10人中

送信の照合率の悪さが気になります。
LET'S A1と違ってPCがキーイングしてるはずやのに...
原因 思い当たらず。

7MHZは 健闘するも 14MHZはベスト30中30位!!
2 交信では あまりにもお粗末でした。

次回からは 14MHZを強化するか 7MHZ部門に鞍替えするか
うーむ。

追記
やはり ログ提出は 7MHZ部門だったようです。

コンテスト委員会へ 問い合わせのMAILをしました。


| | コメント (0)

2015年12月13日 (日)

さぬき市 JARL90周年記念局運用

縁あって JARL90周年記念局をオペレートさせて貰った。

四国各県を持ちまわって 今月6日より 香川県内の
運用を開始とかで、この10日間 香川県さぬき市
JCC 3606からの運用。

本日10MHZ,7MHZ,3.5MHZ のCWを運用した。
特に 3.5MHZは 短時間の運用だったものの、多くの局に
呼ばれ ひさしぶりにパイルを味わさせていただきました。

HF、CWの固定局が少ない(いない?)JCC 3606
さぬき市 少しはアピールできたかも。

明日 撤収して翌日からは 高松市地区での運用になるもよう。

チャンスがあれば 明日も さぬき市 CWでるかも...
お呼び頂いた各局 ありがとうございました。

| | コメント (0)

2015年12月11日 (金)

第44回JLRSパーティコンテスト結果

第44回JLRSパーティコンテスト

Photo_3 

8位におわりました。

接戦といえば 接戦ですね。

2015 CQ WW-CW RawScore
Photo_4

他にJA5管内の局は見当たらず。
なにも無ければ エリア入賞です

| | コメント (4)

2015年12月 9日 (水)

KCJ創設40周年記念アワード QSOリスト作成

ミドルアワードをCWで追いかけていたが、650を超えたごろから
全然進まずそれに変わる目標としてKCJ創設40周年記念アワードに
着目した。

このアワードのルールは
交信有効期間: 2015年9月20日~2016年9月19日まで。
「CWによるQSOで100ポイントを得る。
 以降500、1000、2000と、1000ポイント毎に発行し上限は無し。
 申請は上位ポイントからでもよく、カードの取得は不要とする。
 交信相手局は全て異なるコールとし、バンドが異なっても同一局と見なす。
 500ポイントまでは 8N*KCJを1局以上含み、1000ポイント以上では8N*KCJ
 5局を全て含むこと。」

2.ポイント計算は次のとおりとする。
一般局とのQSO : 1 ポイント
KCJ会員局とのQSO: 5 ポイント
KCJ記念局とのQSO:10 ポイント

となっている。
「交信相手局は全て異なるコールとし、バンドが異なっても同一局と見なす」
というのがミソ でこの進捗状況を管理するのが難しい。

要は dupのチエックと 会員のチエックをどうするか?

excelを使って 試してみました。
(1) ハムログより2015年9月20日以降のデータをCSVファイルに出力
(2)  (1)で出力したCSVファイルを EXCELで開く
(3)  コールサインと日付の間に列を3列追加 B、C、D
   2列目(B)にデータの連番を入れる(連番を振る)

Photo

(4)  コールサインのDUPをチエックするため
    4-1 表全体を コールサイン別、2列目(B)の連番別 にソート

       4-2  3列目(C)に
     DUPチエックの式 を入力,全行に式をコピー
       =IF(LEFT(A2,6)<>LEFT(A1,6),1,0)

     もしCALLの6文字がが一つ上の行のCALL 6文字と
     異なれば 1,そうでなければ 0をセット

(5)  上の結果、3列目(C) を 4列目(D)に
   形式を指定して貼り付け 値(V)
   
Sort
       

(6)   表全体を 4列目(D) 別、
        2列目(B)(もとの順番) 別 にソート

(7)   4列目(C) が 1 となっている行から
   最後の行までのデータを 別のシートにコピー
    (DUP を除いたデータとなる)

(8)   (7)でコピーしたシートで
     2列目(B)
     3列目(C)
     4列目(D) を削除
これで 完成 保管(csvファイル)する。

このファイルをKCJのQSOリスト作成ページより
UPLOADすると、会員局の得点も反映された
QSOリストを返してくれる。
 返って来たQSOリストは ノー エラーでした。

これで 申請し1000ポイント NO.9のアワードを
GET しました。
次の目標は 2000ポイント がんばろー!!
Kcjaward

| | コメント (0)

2015年12月 6日 (日)

第7回 FCWA CW QSOパーティ

第7回 FCWA CW QSOパーティ


Fcwjpg
12:30ごろより 7MHZで開始。
途中 ハイバンドを時々覗くが 10MHZで少しできただけ。

午後 6時より 明日からのJARL90周年記念局の運用の
ミーティングがあり 17:00すぎにコンテストを終了。
あまり 力が入りませんでした。

12月6日は記念局の設置作業等で KCWA CW コンテストは
不参加となりました。 残念

記念局のリグには CWフイルターが入っていませんでした。
これでは CW やる気にならないなーー。

| | コメント (8)

2015年12月 4日 (金)

あーあ 突風でアンテナが ボキッ!

昨夜の強風下、突風で21/28MHZ用のデルタループ
支柱部が 折れました。
突然 バキッと大きな音がしました。

貧乏無線局の メインのDX用のアンテナです。

CQ WW DX CONTESTも終わったし、この冬はローバンド
に専念して、春に再建を考えようと思います。

しかし 台風なみの強い風でした。

(竹ざおが かなり古かったから....)

Photo

| | コメント (0)

2015年12月 3日 (木)

2015年第21回オール大阪コンテスト結果

[府外局 電信部門]

Photo_2

なかなか TOPには届きません。

[府外局 電話部門]

Photo_3
        以下省略

大接戦です。  2位 頂きました。

15時台 1時間席を離れたのが悔やまれます。








| | コメント (0)

2015年12月 2日 (水)

2015 KCJ Contest 結果

Ws000052_2

マルチバンド 16位でした。

Topグループは はるか彼方です。

ミスコールが 2つありました。
(いつまでたっても 上達しません 反省)

| | コメント (0)

2015年12月 1日 (火)

簡易 1200MHZ 10エレ八木試作

いよいよ12月。
本日より香川県内局のみによるマラソンコンテストがはじまる。

この機会に 1200MHZ の10エレ八木アンテナを試作した。

仕様 WEBに紹介されていたもの

Photo
前回 同じ1200MHZの八木を作った時、エレメントを接着剤で
くっつけ 短期間でエレメントが脱落し大失敗でした。

今回は ブームに穴をあけ エレメントを通すことにした。

材料
  ブーム   百均で購入した 角材
  エレメント 3mm アルミ棒
  給電部   3mm 鋼銅線

ブームとなる角材のエレメント位置に印をつけ
ドリルがないので 木ネジを貫通させその穴に
エレメントを通す。
全部のエレメントとりつけたら 取り付け部分を
ボンドで固める。

給電部分は 前回のガンママッチを止め 今回は
フォールデッドダイポール とした。
これに 同軸を直接半田付け。

簡単に完成した。

この周波数帯で動作するSWR計も持っていないので
2階ベランダから突き出しレピーターにアクセスして様子をみる。

ローカルの小豆島レピーター 1292.900MHZ
南淡路 レピーター          1291.500MHZ
六甲南 レピーター        1291.780MHZ

がバッチリアクセスできます。
使えそうです。

Photo_2 Photo_3

| | コメント (6)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »