無線一般

2018年9月26日 (水)

WSJT-X V2.0.0-RC2 VSPE OK

WSJT-X 2.0 RC-2がリリースされたようで早速
インストールしてみました。

他のOMが紹介されている機能に加え
VSPE(仮想シリアルポート)下でのRIGコントロールも
可能になったようで、大変便利になりました。

感謝!!

| | コメント (0)

2018年6月29日 (金)

FT8 初めての ぺディションモード

BAKER ISLANDの KH1/KH7Z のFT8 モードの運用がはじまった。

13時ごろ 21MHZで ぺディション局の信号が見えていたので
とりあえず、はじめてのぺデイションモードを試してみました。

通常は ハムログをVSPE(仮想COMポート)でリグと接続しており
WSJT-X は リグと非連動 にしているのだが 念のため
実COMポートにWSJT-Xを接続し、リグコントロールが可能な状態とした。

HOUNDモードにして DFを 1000 以上の空いている辺りにセットして
呼び続けているとしばらくして応答があり、あっけなく交信が完了した。

この後 同様に 18MHZ,10MHZ,14MHZ と 4 BANNDで交信。

勢いで CWでも挑戦しましたが まったくできず。
できる気さえしません....

このぺディションモード とっても優れものです。
貧乏局の救世主のように思えます。ありがたや!!

| | コメント (0)

2018年2月20日 (火)

LOTW 99番目 JAで、14MHZ DXCC リーチ

FT8モードのお陰もあり,LOTW上で14MHZが 100まで、あと2つ。
コンファームの内容を診ているとなっ、なんと我がJAが未コンファーム。
思えば、確かにDX局分は定期的にE-QSLとLOTWにUPLOADしているが
国内QSO分はUPLOADしていない。
ブログを検索して、国内QSO分もLOTWにUPLOADされているOMを捜すと
あるOMのブログに
JAは WPXをやっている人にはプリフィックスの宝庫だから、国内の
QSO分も アップロードしましょう いう記事があり
このOMさんとの QSO分のLOGを ハムログより抜き出してUPLOAD.
めでたく 1UPとなり LOTW上、14MHZ DXCC 100 リーチとなりました。
あはは!!

Ws000000_2
Ws000003_2

| | コメント (0)

2018年1月18日 (木)

LOTW DIGITAL 100 達成

昨年末 98 で未達に終わった DXCC DIGITAL.

大晦日に 運良くQSOできた TR8CA GABON   20m FT8

今年に入り 幸先よくQSOの TI2CC COSTARICA  30m FT8

がLOTWにあがって DIGITAL 100達成!

昨年10月から始めた FT8 MODE 助かります。

Dijital100jpg

| | コメント (0)

2018年1月 1日 (月)

2018 あけましておめでとうございます。

新年 あけましておめでとうございます。
ローカルコンテスト できるだけがんばります。
ブログの更新 なんとか頻度を改善したい。
dxcc 10 up
昨年暮れに移動局免許 取得
 ことしは 移動運用も?
皆様 よろしくお願いいたします。
201864

201864_2
(東かがわ市 三本松港)

| | コメント (0)

2017年10月20日 (金)

FT8 モード 初QSO

ローカル局の JT65免許のお手伝いをしたのをきっかけに
FT8の追加変更届を 9月末に電子申請していました。

今回追加分のFT8 の仕様諸元のみ添付して申請(届け)。
超簡単でした。

昨日確認すると 審査完了となっており、さっそく初QSO。

CQ局を呼ぶタイミングが難しいと感じます。
全自動でやりとりが進む。なんだこれ!
QSOした という実感が残りませんね。

でも結構面白くて 7MHZで国内局 3局、14MHZで国外局3局と
立て続けに交信。 やっとFT8 デビューとなりました。

| | コメント (0)

2017年4月28日 (金)

今シーズン初 6mEスポ QSO

本日 19:00前ごろ 6mバンドを覗くとなにか
バンドがオープンしているらしい。
RTTY で BV3UF の強力な信号をみつけ 一発コールで交信。
今シーズン 初 6m 海外局との交信になりました。
その後 沖縄の局ばかり CW で2局、SSBで2局立て続けに
交信できました。
先週末に 毎年使う6m用ループアンテナをあげ、時々band
の様子をうかがっていました。

今後の6 mバンドが楽しみです。

| | コメント (0)

2017年3月10日 (金)

海外 同一サッフイクス局と交信

昨日 7MHZのJT65 画面をなんとなくながめていたら
たまたま、 同じ サッフィクスのR0CBU がみえているのに
気が付き、CALL すると応答があり あっさり交信できました。
おなじサフィックスの局との交信は JA6,JH5に続いて
3局目。 海外局では 初めてでした。 
なんだか いいこと ありそう。
R0cbu

| | コメント (0)

2017年3月 1日 (水)

JT9 追加変更届 審査完了

2月6日に電子申請LITEで JT9,QRA64 等の
追加 変更届を出していたのが 本日やっと審査完了と
なりました。

思ったより 日数がかかりました。
 月末にまとめて処理されたのかも?

Ws000008

| | コメント (1)

2017年1月22日 (日)

リグコントロール、デジタルモードUSB化

PCとリグを USB  to シリアル変換で接続し、リグコントロール
をし、別にオーディオケーブルを接続してデジタルモードを楽しんできた。

WEBで調べると、直接USB接続するだけでリグコントロールとデジタル
モード(オーディオ信号のやりとり)が可能らしいので新しい年の初めに
試みてみた。

1 KENWOODのホームページより
  仮想COMポートドライバーをダウンロードし、PCにインストール

  
2 PC と トランシーバー(TS-590S)を USBケーブルで接続
    トランシーバーの電源をONした時点で
     PC側に 仮想COMポート (私の場合はCOM5) と
        デバイス スピーカー(USB AUDIO CODEC) 
             マイク(USB AUDIO CODEC)    ができる

3 USBポートのボーレートを変更
    トランシーバー本体側 メニュー 062 で USB通信スピードを設定
    (設定後電源をOFF、 再ONしたとき設定される)
     ここでは 9600 BPSに設定した。

4 COMポートの占有を避けるため VSPEを使い 
  COM5 より 仮想COMポートを作成し この仮想COMポートをリグコントロール
  に使用する。
        例 COM5  より  仮想ポート COM1 を作成

5 リグコントロール 設定
     下記の各アプリケーションのリグコントロール設定で      
   4 で設定した
     COMポート COM1 と ボーレート 9600  STOPビット 1を設定
            
   ターボハムログ 
      MMVARI
      CTESTWIN
      MMRTTY
   MMSSTV
               上記動作を確認しました。
   WSJT-X   (4)の仮想ポート COM1 の設定では 動作せず
       (3)の      COM5  の設定で  動作を確認

6 デジタルモード設定
  6-1 データ変調ラインの選択
      本体側メニュー 063 で  USBを 指定

    6-2  入力/出力デバイスの設定
    下記のアプリケーションで 入力デバイス・出力デバイスを設定
     入力デバイス マイク(USB AUDIO CODEC)
     出力デバイス スピーカー(USB AUDIO CODEC)
     
     JT65-X
          MMTTY(AFSK)
          MMVARI
          MMSSTV

    6-3  PTT制御
     TS590Sでは DATA通信の場合は通常のPTTではなく
     DATA通信用PTT(ACC2コネクター 9 PKS)をたたく
     必要があるため 既存のUSB TO シリアルケーブを
     利用したPTTインターフェースを引き続き使用。
     (簡易的には DATA VOX 機能でOK?)

  以上でDATA通信のPTTを除いてUSB接続だけで、リグコントロール
  と デジタルモードを楽しむことができてます。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧