無線一般

2017年10月20日 (金)

FT8 モード 初QSO

ローカル局の JT65免許のお手伝いをしたのをきっかけに
FT8の追加変更届を 9月末に電子申請していました。

今回追加分のFT8 の仕様諸元のみ添付して申請(届け)。
超簡単でした。

昨日確認すると 審査完了となっており、さっそく初QSO。

CQ局を呼ぶタイミングが難しいと感じます。
全自動でやりとりが進む。なんだこれ!
QSOした という実感が残りませんね。

でも結構面白くて 7MHZで国内局 3局、14MHZで国外局3局と
立て続けに交信。 やっとFT8 デビューとなりました。

| | コメント (0)

2017年4月28日 (金)

今シーズン初 6mEスポ QSO

本日 19:00前ごろ 6mバンドを覗くとなにか
バンドがオープンしているらしい。
RTTY で BV3UF の強力な信号をみつけ 一発コールで交信。
今シーズン 初 6m 海外局との交信になりました。
その後 沖縄の局ばかり CW で2局、SSBで2局立て続けに
交信できました。
先週末に 毎年使う6m用ループアンテナをあげ、時々band
の様子をうかがっていました。

今後の6 mバンドが楽しみです。

| | コメント (0)

2017年3月10日 (金)

海外 同一サッフイクス局と交信

昨日 7MHZのJT65 画面をなんとなくながめていたら
たまたま、 同じ サッフィクスのR0CBU がみえているのに
気が付き、CALL すると応答があり あっさり交信できました。
おなじサフィックスの局との交信は JA6,JH5に続いて
3局目。 海外局では 初めてでした。 
なんだか いいこと ありそう。
R0cbu

| | コメント (0)

2017年3月 1日 (水)

JT9 追加変更届 審査完了

2月6日に電子申請LITEで JT9,QRA64 等の
追加 変更届を出していたのが 本日やっと審査完了と
なりました。

思ったより 日数がかかりました。
 月末にまとめて処理されたのかも?

Ws000008

| | コメント (1)

2017年1月22日 (日)

リグコントロール、デジタルモードUSB化

PCとリグを USB  to シリアル変換で接続し、リグコントロール
をし、別にオーディオケーブルを接続してデジタルモードを楽しんできた。

WEBで調べると、直接USB接続するだけでリグコントロールとデジタル
モード(オーディオ信号のやりとり)が可能らしいので新しい年の初めに
試みてみた。

1 KENWOODのホームページより
  仮想COMポートドライバーをダウンロードし、PCにインストール

  
2 PC と トランシーバー(TS-590S)を USBケーブルで接続
    トランシーバーの電源をONした時点で
     PC側に 仮想COMポート (私の場合はCOM5) と
        デバイス スピーカー(USB AUDIO CODEC) 
             マイク(USB AUDIO CODEC)    ができる

3 USBポートのボーレートを変更
    トランシーバー本体側 メニュー 062 で USB通信スピードを設定
    (設定後電源をOFF、 再ONしたとき設定される)
     ここでは 9600 BPSに設定した。

4 COMポートの占有を避けるため VSPEを使い 
  COM5 より 仮想COMポートを作成し この仮想COMポートをリグコントロール
  に使用する。
        例 COM5  より  仮想ポート COM1 を作成

5 リグコントロール 設定
     下記の各アプリケーションのリグコントロール設定で      
   4 で設定した
     COMポート COM1 と ボーレート 9600  STOPビット 1を設定
            
   ターボハムログ 
      MMVARI
      CTESTWIN
      MMRTTY
   MMSSTV
               上記動作を確認しました。
   WSJT-X   (4)の仮想ポート COM1 の設定では 動作せず
       (3)の      COM5  の設定で  動作を確認

6 デジタルモード設定
  6-1 データ変調ラインの選択
      本体側メニュー 063 で  USBを 指定

    6-2  入力/出力デバイスの設定
    下記のアプリケーションで 入力デバイス・出力デバイスを設定
     入力デバイス マイク(USB AUDIO CODEC)
     出力デバイス スピーカー(USB AUDIO CODEC)
     
     JT65-X
          MMTTY(AFSK)
          MMVARI
          MMSSTV

    6-3  PTT制御
     TS590Sでは DATA通信の場合は通常のPTTではなく
     DATA通信用PTT(ACC2コネクター 9 PKS)をたたく
     必要があるため 既存のUSB TO シリアルケーブを
     利用したPTTインターフェースを引き続き使用。
     (簡易的には DATA VOX 機能でOK?)

  以上でDATA通信のPTTを除いてUSB接続だけで、リグコントロール
  と デジタルモードを楽しむことができてます。

| | コメント (0)

2017年1月 3日 (火)

本年もよろしくお願いいたします

穏やかな 年明けでした。

近所の漁港から初日の出。

NYPを2日に終わらせ

家族で姫路城に行ってきました。

Photo


Castle

| | コメント (0)

2016年8月10日 (水)

OK1 CZECKより 1.8MHZ SWLカード!!

1r8mhzswl_2

先月末ビューロより届いたQSLカードの受領チエック中
OK1よりの 1.8MHZ のSWLカードを発見。
いままで 一度もこのバンドでEUとの交信はなく
へー EUまで電波届いてたんやーーと大喜び。
ところが もう一枚 同じSWLからのカード

7mhzsl
あれれっ 同一日付、同一時刻、7MHZのカードです。
ログを照合してみると やはり 7MHZの運用。
こちらが正しいようです。
1.8MHZ 先方の間違いだったんですね 

   ちゃんチャン!!

| | コメント (4)

2016年7月31日 (日)

2016 バースデイコンテスト

バースデイコンテストに参加しました。
ハイバンドは何もきこえませんでした
電話も 2局だけ交信
終了間際に少しだけCNDXが良くなったようです。
QSOデータの分析(バンド別QSO数)
    Band  12  13  14  15   Sum
    7MHz  12   5  16  14    47
     Sum  12   5  16  14    47

| | コメント (2)

2016年7月28日 (木)

Windows 10 UPDATE なんとか成功

無償アップデートの期限切れ目前となったので
ダメモトで 古い ノートパソコンTHINKPAD R61 の
WIN7 から WIN10へのアップグレードを試みた。
そのまま 実行してみると ダウンロードが終わり1回目の
再起動の直後、電源断となって停止。
電源をONすると 「古いバージョンのWINDOWSに戻します」と
いわれ もとのWIN7 が立ち上がった。
失敗
うーーん 念のため もう一度 繰り返すもやはり同じところで
電源OFFになり 電源をいれると WIN7がたちあがる。
この時点でUPDATEをあきらめたのだが 翌日ひょっとしたら...
と思い
 (1) USB子機によるWIFI接続をやめイーサーのLAN端子から
   有線で ルーターに接続
  (2) 指紋認証によるログインを止め パスワード入力によるログイン
   に変更
 (3) 念の為 USBマウスを外し本体内蔵のトラックポイントを使う
上記状態で 再チャレンジすると なんと 最後まで完走。
UPDATE めでたく完了。
すべてのデバイスが正しく認識され
INTEL 4 SERIES DRIVER と違って ディスプレイドライバーが停止
することもなく 快適に動作している。
 

| | コメント (0)

2016年7月26日 (火)

全町村コンファームのはずが....

ターボハムログの管理上、全町村がコンファームできた
ようなので 本当に全部のQSLカードが揃っているのか
どうか QSカードを一枚ずつピックアップしてみることにした。

所持しているQSLカードはすべてエリア別にコールサインの
順番に並べて保管しているので、時間をかければ ピックアップ
できるだろうと思いとりかかる。

以前にWAGAアワードを申請したときのカード
を1束にして保管してあるのでこれらのカードを優先し、足りない分を
今回ピックアップすることで少しでも省力化を図る作戦とした。

ハムログより QSL受領マークのついたデータを全てEXCEL
に出力し、そのうち町村のデータのみを選択して別シートに出力。

出力後、WAGAに使ったカード は DUPチエックのとき
優先となるように 優先フラグをつける。
(REMARK1欄に 文字列 「/WAGA/」が入っているデータ) 
 

これを JCGコード(ハムログコード)
    優先フラグ(降順)
    交信年月日          別にソート。

ここから DUPのチエックを行い,DUP分にフラグをたてる。

DUP していないデータを検索して別シートに出力。
コード順のデータリストが完成した。

このLISTを見ながらコード順にQSLカードを一枚ずつピック
アップするのは 効率が悪いので、別のシートに エリア別コール
サイン別に並べ替えた ピックアップリストを作成した。

このピックアップリストにより エリア毎に必要なQSLカードを
ピックアップし エリアごとにカードの山をつくり
最終的に コード順のリストをみながらこの山から1枚ずつ該当の
カードをピックアップすることとした。

コード 01001B 北海道阿寒郡鶴居村から順調に進む。
途中 受領していることになっているが 見つからないカードや
島しょ部の移動のカードで 島名しか記入されていないもの、
道の駅の移動でJCGコードと道の駅名しか記入されていないなど
失格のカードが数枚、他のQSLカードに差し替える。

16003E 群馬県邑楽郡千代田町 のカードに大問題発生。
カード上に 「群馬県館林市 県立美術館移動」と記述がある。
千代田町からの運用ではなかった。管理ミスである。
他の代替カードをさがすも 他にQSOもなく未交信であった。
ここで あえなく 「全町村コンファーム」は未達成が確定。
残念!!

気を取り直して、後の作業をすすめる。
幸い 他のカードは問題なく、
唯一 16003E 群馬県邑楽郡千代田町 だけが未交信&未コンファーム
となった。

あーーーーーーーーあ あと一つ がんばろう!!!!
求む 16003E 群馬県邑楽郡千代田町 サービス

Imgp0024_2Imgp0025











         コール順に抜き出し           作業完了





| | コメント (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

アワード | コンテスト | ニュース | 無線一般